CCI エネルギー・環境ナビ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」技術開発助成募集(NEDO)

平成26年度「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」に係る第1次公募について(予告)
 ― (独) 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の平成26年度第1次公募を行う予定となっている。

※本事業は、平成26年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画、概算払の時期などを変更する場合がある。

<趣旨>
 「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」とは、高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発に対し助成する制度。本プログラムは平成24年度にスタートし、平成26年度も公募を実施する予定。

<対象分野>
 経済産業省とNEDOが定める「省エネルギー技術戦略」の重要技術を中心とした省エネルギー技術のうち、国内において以下の省エネルギー効果量が見込めること。
 (1)製品化後、販売開始から3年の時点で、2万kL/年以上
 (2)2030年時点で、10万kL/年以上 (いずれも原油換算値)
  ただし、技術開発費に応じた費用対効果の観点からも審査される。

<対象者>
 原則として、日本国内に研究開発拠点を有している企業、大学等の法人

<事業規模と期間>
(1)インキュベーション研究開発フェーズ(1年以内)  
   年間2千万円程度/件(NEDO助成率:2/3)
(2)実用化開発フェーズ(原則2年以内、ただし、1年間の延長が可能)
   年間3億円程度/件(NEDO助成率:2/3)
(3)実証開発フェーズ(原則2年以内、ただし、1年間の延長が可能)
   年間10億円程度/件(NEDO助成率:1/2)
※各フェーズを組み合わせて応募することも可能。
  事業規模は上限額です。
 なお、インキュベーション研究開発フェーズのみの応募は不可。
 詳細はNEDOのwebサイトを参照のこと(http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100039.html

<応募手続き>
 平成26年度の公募情報は、詳細が決まり次第、下記サイトに掲載します。
 http://www.nedo.go.jp/search/?type=koubo

<公募期間>
 平成26年4月上旬から5月上旬(予定)

詳しくはこちら⇒http://www.nedo.go.jp/koubo/DA1_100061.html(NEDO公募予告)

タグ: , ,