CCI エネルギー・環境ナビ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

2015年度夏季の電力需給対策を決定(内閣官房)

 政府は5月22日、2015年度夏季の電力需給対策を決定した。

 2015年度夏季の電力需給見通しは、老朽火力の最大限の活用等を前提に、全国的に必要最低限の予備率(3%)以上が確保される見通しだが、関西電力と九州電力は単独で予備率3%以上を確保できず、他社からの受電により予備率3%以上を確保できる見込み。

 このような状況を踏まえ、今年度夏季の電力需給対策として、政府は、数値目標を設けない形で、「現在定着している節電の取組が、国民生活、経済活動等への影響を極力回避した無理のない形で、確実に行われるよう、全国(沖縄電力管内を除く)で節電の協力を要請する」としている。

詳細はこちら⇒http://www.meti.go.jp/setsuden/pdf/150522/150522_01b.pdf