CCI エネルギー・環境ナビ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

FIT(再エネ固定価格買取制度)の平成28年度賦課金単価を決定(資源エネルギー庁)

資源エネルギー庁は3月18日、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)に基づき電力利用者が負担している賦課金の平成28年度単価を公表した。

平成28年度の賦課金単価は、太陽光発電の稼働率向上などの要因で、1kWhあたり「2.25円」。27年度の同1.58円から0.67円積み上がった。賦課金単価の上昇は24年度の制度創設以来4年連続で、当初の約10倍の国民負担増となった(H24:0.22円→H25:0.35円→H26:0.75円→H27:1.58円→H28:2.25円)。28年5月検針分の電気料金から適用される。

また、同庁では、あわせて平成28年度の新規参入者向け買取価格も決定し公表した。10kW以上の非住宅用太陽光は27年度の27円/kWh(税抜)から28年度は24円/kWh(税抜)に、10kW未満の住宅用太陽光(出力制御対応機器設置義務なし)は27年度の33円/kWh(税込)から28年度は31円/kWh(税込)に、それぞれ引き下げられた。その他の再生可能エネルギー(風力、地熱、水力、バイオマス)の買取価格は据え置かれた。

なお、平成28年度の単価決定に際し、資源エネルギー庁が実施したパブリックコメント(意見募集)に対して、日本商工会議所は3月7日、意見書を提出している。電力コスト抑制のためには、平成28年度の新規参入者向け調達価格の水準引き下げが必要と主張していた。

資源エネルギー庁の公表資料はこちら⇒http://www.meti.go.jp/press/2015/03/20160318003/20160318003.html

 

【ご参考】

◆「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)における平成28年度新規参入者向け調達価格等に対する意見」(日本商工会議所/平成28年3月7日)

http://www.jcci.or.jp/news/2016/0308135726.html

 

◆「中長期的なエネルギーミックス策定に向けた基本的考え方」の公表について

(日本商工会議所/平成27年4月16日)

http://www.jcci.or.jp/news/2015/0416164101.html

 

◆「再生可能エネルギー導入促進関連制度改革小委員会報告書(案)に対する意見」の公表について(日本商工会議所/平成28年1月15日)

http://www.jcci.or.jp/news/2016/0115175246.html

タグ: , ,