CCI エネルギー・環境ナビ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

日商・東商合同で柏崎刈羽原子力発電所を視察

日本商工会議所は3月8日、東京商工会議所と合同で東京電力柏崎刈羽原子力発電所を視察。エネルギー・環境委員会の北村雅良共同委員長(電源開発㈱代表取締役会長)や矢尾宏共同委員長(三菱マテリアル㈱取締役会長)、エネルギー・環境専門委員会の古手川保正委員(津久見商工会議所会頭)ら24名が参加した。

当日は、東京電力幹部から同発電所の概要や東日本大震災後の新規制基準への対応状況等について説明を受けた後、新規制基準への審査を申請した6・7号機の原子炉建屋、7号機の原子炉格納容器、津波対策として海抜5メートルの地上に設置した高さ10メートルの防潮堤、免震重要棟などを視察した。

北村共同委員長と矢尾共同委員長は、発電所視察に先立ち柏崎商工会議所を訪問して正副会頭と懇談。北村共同委員長は電気が需要家に届くまでの現場の努力に対する理解促進の必要性に触れ、また矢尾共同委員長は長きにわたり首都圏への電力供給を支える地元関係者への謝意を表明した。

 

東京電力との意見交換で挨拶する北村委員長

7号機「原子炉格納容器」内部の主蒸気逃し安全弁を見学

 

 

タグ: ,