CCI エネルギー・環境ナビ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

「環境配慮型夏祭り」今夏の東北の事例を紹介(国内クレジット制度)

 国内クレジット制度東北地域推進協議会はこのほど、今年の夏に実施した「東北の夏祭り」における温室効果ガスの国内排出権取引に関する概要レポートを発表した。東北経済産業局から事業委託を受けた東北緑化環境保全株式会社が、東北の35商工会議所と夏祭り40団体で組織する「東北夏祭りネットワーク」と連携。「祭りの環境面からの付加価値向上」「CO2の地産地消」を行うことを目的に、今年開催した夏祭りについて「東北産の国内クレジット」を用いたカーボンオフセットを実施した。広域の10以上の夏祭りを、一斉に地産地消でオフセットする取組みは全国初。

 オフセットには、カーボンフリーコンサルティング株式会社(神奈川県)とFTカーボン株式会社(東京都)の協力により、東北の中小企業によるCO2削減活動で創出された国内クレジットを活用。東北夏祭りネットワークは、祭り開催に伴う電気や燃料の使用により発生するCO2と、東北地域の中小企業により削減されたCO2とのオフセットを呼びかけ、夏祭りを開催する上でどうしても排出が余儀なくされる電力や燃料消費からの温室効果ガス(CO2)を、国内クレジットを用いてオフセット(埋め合わせ)している。

詳細は、http://www.tohoku-aep.co.jp/tohoku-co2-credit/summerfestival01.htmlを参照。

タグ: ,