CCI エネルギー・環境ナビ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

第36回敦賀市内景気動向観測等調査(敦賀商工会議所)

敦賀商工会議所 金融・サービス部会 調査ワーキンググループが行った、会員企業を対象にした「敦賀市内景気動向観測等調査」の結果によると、総合景況感指数(BSI)は4~6月期実績見込みで、▲24.4となり、前回調査(1月~3月期実績見込)と比較すると増減は見られなかったが、7月~9月期予測で▲28.9と下降する結果となった。
「敦賀市内の景気の現状」については、「景気は更に悪化する」(47.6%)と、「景気は底入れの兆しもあるものの、先行き予断を許さない状況にある」(47.6%)が大半を占める結果となり、依然として景気の先行きに対する不安が表れる結果となった。
「敦賀市内の経済・経営環境が良くなる為に求められること」については、原子力発電所の再稼動や、日本原電3、4号機の早期着工を望む回答が多く見られた。

報告書など、詳細はこちらから→http://www.tsuruga.or.jp/keikidoukou/2012-2Qkeikidoukou.html

タグ: , , ,