CCI エネルギー・環境ナビ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

7月4日(木)ラムサール条約第5回締約国会議(釧路会議)開催20周年記念シンポジウム開催(環境省)

 “ラムサール釧路会議(COP5)+20”~20年前をふり返りつつ湿地とラムサール条約の将来を考える~

 1993年にラムサール条約第5回締約国会議(COP5・通称「釧路会議」)が北海道・釧路市で開催されてから、今年で20年となる。

釧路会議は、日本国民が湿地をはじめとした自然環境とその保全への関心を飛躍的に高め、その後の市民運動と住民参加を前進させるのに大きく貢献し、この20年で湿地の重要性やラムサール条約に対する認識は格段に向上した。

 このシンポジウムは、海外からのゲストをはじめ釧路会議に関わった方たちを交え、過去20年間の湿地に関する取組をふり返るとともに、今後の湿地の保全と賢明な利用のあり方、ラムサール条約の役割を考えていくものとして開催する。

【日 時】7月4日(木) 14:00~17:00

【場 所】国連大学ウ・タント国際会議場(東京・青山)

【主 催】環境省、国連大学サステイナビリティと平和研究所(UNU-ISP)、

     地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、ラムサールセンター(RCJ)、

     NPO法人日本国際湿地保全連合(WIJ

【後 援】外務省、ラムサール条約登録湿地関係市町村会議、

     ラムサール条約登録湿地を増やす議員の会、

         日本湿地学会、地球環境基金、経団連自然保護協議会

【協 力】ラムサール条約事務局

【参加申込方法・プログラム等詳細】日本国際湿地保全連合HPトップページ参照

 http://japan.wetlands.org/

タグ: , , , ,