CCI エネルギー・環境ナビ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

セミナー「世界のREACH規則とRoHS指令」開催(大阪商工会議所)12月19日(木)20日(金)10時~(大阪府大阪市)

世界のREACH規則とRoHS指令
 ~“ハザード管理”から“リスク管理”へ~

◎欧州をはじめアジア各国でも規制強化される“REACH”、
 “RoHS”など化学物質規制対策の基礎から最新動向まで幅広く解説!

 大阪商工会議所では、2日間のプログラムでEUをはじめ、中国などの新興国の化学物質規制への最新動向を解説するセミナーを開催する。
 近年、EUのREACH規則(化学物質の登録・届出制度)や、RoHS指令(鉛等の有害6物質の使用を規制)など、化学物質規制が強化されている。こうした動きに呼応するように、中国やタイ、ベトナム等のアジア諸国でも同様に規制強化の動きがあり、企業においては、今後世界的な視点で化学物質規制の最新情報を把握し、適切に対応することが重要である。
 そこで、1日目の「コースA」では、主に「REACH規則」を中心とする化学物質規制を取り上げ、2日目の「コースB」では、主に「RoHS指令」を中心とする製品含有化学物質規制を取り上げる。
 いずれも、新たに関連部署に配員された初級者から、長年化学物質対応に従事し更なる効率的対応を検討されているエキスパート層まで幅広く受講できるよう、「規制の背景」、「規制法の基礎の“き”」、「規制対応の論点」、「必要とされる企業対応」について解説が行われる。

【日 時】<コースA:REACH規則編> 
       平成25年12月19日(木)10:00~17:00     
     <コースB:RoHS指令編>
       平成25年12月20日(金)10:00~17:00 

【場 所】大阪商工会議所 会議室(大阪市中央区本町橋2-8)

【講 師】(社)産業環境管理協会 技術参与  松浦 徹也 氏 

【プログラム】 
 <コースA:REACH規則編(12/19開催)> 
  序.化学物質規制法の潮流
  1.REACH規則の基礎の“き”(REACH規則の早わかり)
  2.REACH規則の主要義務
  3.成形品の義務とSVHCの分母
  4.分類と表示の基礎
    ●GHSの概要
    ●CLP規則の主要義務
  5.各国の異なる規制・気になる規制の概要
    ●日本、韓国、中国、台湾、シンガポール、タイ、ベトナム、
     アメリカとカナダの化学物質規制法と分類規定
    ●その他の気になる国の化学物質規制法
  6.新たな規制動向
    ●バイオサイド規則
    ●水銀条約
  7. Q&A

 <コースB:RoHS指令編(12/20開催)>
  第1部:製品含有化学物質規制の動向
   1.製品含有化学物質規制法の背景
   2.製品含有化学物質規制の基礎の“き”
     ●EU RoHS指令の早わかり
     ●中国 RoHS管理規則の早わかり
   3.EU RoHS指令の本質
   4.RoHS(II)指令が要求するCEマーキングへの対応
   5.中国RoHS管理規則の概要
   6.アジア等のRoHS法の総覧
     (タイ、インド、ベトナム、韓国のRoHS法)
   7.その他気になる製品含有化学物質規制法
     ●EU 玩具指令
     ●韓国 品質管理及び工業製品安全法
     ●コンフリクトミネラル(紛争鉱物)規制
  第2部:企業対応 
    1.サプライチェーマネジメント
    2.化学物質マネジメントシステム
  第3部:Q&A 

【受講料】
 1コースにつき、
  大商会員:8,500円/人 、一般:17,000円/人
  (いずれも2日間の資料代、昼食(弁当)代、消費税込み)
    
◆申込み・詳細は以下のURLを参照のこと
 <コースA:REACH規則編(12/19開催)> 
  http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201311/D22131219014.html
 <コースB:RoHS指令編(12/20開催)>
  http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201311/D22131220010.html

タグ: , , , , ,