日商環境ナビからのお知らせ 低炭素経営の実現を目指し、中小企業の皆さまをはじめとする事業者さまならびに関連する皆さまが、自主的に行う地球温暖化対策への取組みを支援するサイトです。

原発再稼働の現場-大飯原発を例にして-(会議所ニュース11/11号)

(会議所ニュース11/11号掲載記事)

 日本商工会議所では昨年来、「原子力の安全性強化」と「電力の安定供給、料金抑制の確保」を求めてきた。原子力発電所の再稼働について、依然として見通しが立っていないが、原子力発電の安全性強化を着実・迅速に進めることがまずは求められる。今回は日商エネルギー・原子力政策に関する研究会委員の澤昭裕氏(国際環境経済研究所所長)らからのレポートを紹介する。

原発再稼働の現場-大飯原発を例にして-

 国際環境経済研究所 所長 澤 昭裕 氏
同 主席研究員 竹内 純子 氏

  ⇒全文は、http://eco.jcci.or.jp/wp-content/uploads/2012/11/cci-news1111b.pdfをご覧ください。

<要約>
◆科学的な判断は規制委/動かすかは政治判断
 新たに原子力規制委員長に就任した田中俊一氏は「再稼働の科学技術的な判断は『規制委がやる』としながらも『原発運転の是非は社会的、政治的判断を伴う。(規制委が再稼働を認めた原発を)動かすかどうかは政府、政治の問題だ』と述べ、政府にも責任がある」との認識を示したと報じられている。しかし、一方の政府では、規制委員会の判断が実質的に再稼働の可否の判断になると、責任回避の姿勢を強めている。福島原発事故以降、頻繁かつ顕著な政治の判断・決断責任回避姿勢は、日本の原子力問題のマネジメントをどんどん難しくしている。
◆法的根拠ないストレステスト
 さらに重大な問題はストレステストだ。これも全く法的根拠がなく、関連大臣による行政指導である。すべての原発を即刻停止させ(法的行為として行うことは可能)るなら、再稼働までのプロセスを少なくとも閣議決定レベルで明示的に規定すべきである。でなければ、再稼働まで事業者や行政は何をやればよいかが分からない状態になってしまい、その場その場の思いつきで手続きを進めていくしかなくなる。
◆今後の手続きが不明で安定供給に支障
 何度も規制体系が変更されるなど、今後どういう規制が入るかわからないという不確実な状態では、金融機関の融資も投資家の社債購入もされにくくなりうる。原子力技術、ひいては原子力を保有する電力会社が資金調達に行き詰まることとなる。電力事業が長期投資を得にくくなれば、高利での資金調達が電気代に反映されることとなるし、安定供給にも支障を来す恐れが生じる。現状の再稼働の条件やスケジュールや手続きの不透明性はさらなる追い打ちと言うべきだろう。
◆一般に伝わらない地道な現場の安全対策
 大飯原発を例に、原子力安全・保安院が示した安全対策やストレステスト審査のプロセスに対応して、実際に講じられた措置を以下のポイントでまとめた。
 (1)非常災害対策本部、代替指揮所(免震重要棟完成までの対応)
 (2)防波堤のかさ上げ完了までの対応
 (3)背後斜面の安定性
 (4)使用済燃料プールへのアクセス性
報道では未完の部分ばかりが強調されるなど、再稼働に向けての地道な現場での安全対策が、なかなか一般に伝わってこない現状がある。
◆構造の違いで対策に違いも
 基本的なことではあるが、PWR(加圧水型炉)とBWR(沸騰水型炉)との構造の大きな違いがシビアアクシデント対策の違いに反映されることは当然である。今後、立地地域の住民に対して、国民に対して、原子力の安全対策を丁寧に説明する必要があるが、そのときに日本にある2つの炉型の違い、シビアアクシデント発生可能性や発生時の対処のしやすさなど、メリット・デメリットも含めて明らかにしていくことが求められるだろう。
◆安全性向上に終着点はない
 大飯原発でもハードウェアの対策は様々取られてきていることは理解したが、技術をコントロールするのは人間である。ヒューマンファクターや組織のガバナンス、シビアアクシデントに向けたトレーニング、周辺地域の情報収集と防災対策・訓練について、不断のチェックと改善が必要なことは言うまでもない。安全性向上への努力に終着点は無いという謙虚な気持ちと、顔が見えるコミュニケーションが、再稼働に向けての鍵となることを指摘しておきたい。

(参考)
  ▽電力供給を支える現場力-関西電力海南発電所の苦闘-(会議所ニュース11/1号)
     http://eco.jcci.or.jp/news/news_front/6718.html
  ▽「今冬のエネルギー動向に関するアンケート調査」札幌商工会議所(会議所ニュース11/1号)
     http://eco.jcci.or.jp/news/6677.html
  ▽電機と電気―経営と生活(会議所ニュース10/21号)
     http://eco.jcci.or.jp/news/6597.html
  ▽基準値の意味を正しく知ろう(会議所ニュース10/11号)
     http://eco.jcci.or.jp/news/6509.html
  ▽「ドイツの電力事情~理想像か虚像か~」(会議所ニュース9/21号掲載記事)
     http://eco.jcci.or.jp/news/6417.html

タグ: , , , ,