‘エネルギー’ タグのついている投稿

エネルギーシリーズセミナー「FIT(固定価格買取制度)の見直しと今後のエネルギー政策の行方」を2月10日に開催(神戸商工会議所)

2015年1月15日 木曜日

 神戸商工会議所は2月10日、エネルギーシリーズセミナー「FIT(固定価格買取制度)の見直しと今後のエネルギー政策の行方」を開催する。

 本セミナーでは、FITについて早くから制度の欠陥を指摘し、見直しを提言していた国際環境経済研究所の竹内純子氏を講師に迎え、FITの問題点と今後のエネルギー政策の行方について説明を予定している。

詳細はこちら⇒http://www.kobe-cci.or.jp/category/news/event/?id=3313

地域エネルギーセミナー「エネルギーと環境のみらい」を開催(中国経済産業局)

2015年1月15日 木曜日

 中国経済産業局は1月27日に鳥取で、1月30日に広島で地域エネルギーセミナー「エネルギーと環境のみらい」を開催する。

 本セミナーでは、新しいエネルギー基本計画(平成26年4月閣議決定)をはじめとする今後の日本のエネルギー政策やエネルギーに関する情報について説明を予定している。東京大学客員准教授の松本真由美氏を講師に招くほか、中国経済産業局の担当者が講演する。

詳細は、以下を参照。 

 鳥取会場http://www.chugoku.meti.go.jp/event/shiekan/141208_1.html

 広島会場http://www.chugoku.meti.go.jp/event/shiekan/141208_2.html

「エネルギー・温暖化対策に関する補助金等説明会」開催(さいたま商工会議所)4月11日(金)15時半~(埼玉県さいたま市)

2014年3月25日 火曜日

さいたま商工会議所では、平成26年度予算におけるエネルギー・温暖化対策に関する補助金等支援制度についての企業向け説明会を開催する。
エネルギー基本計画から国・県の補助金等支援制度に関する情報を収集できる良い機会となっている。

【日 時】:平成26年4月11日(金)  15:30~17:00
【会 場】:さいたま商工会議所会館総務本部2階ホール
【受講料】:無料
【定 員】:80名
【内 容】:
  1.エネルギー基本計画の概要
  2.エネルギー・温暖化対策に関する補助金等支援制度について
  3.埼玉県の省エネ・省CO2対策に関する補助金等支援制度について

詳細はこちら→http://www.saitamacci.or.jp/SCCI_asp/topix.asp?back_flg=1&tx_code=428

電気料金値上げによる影響とエネルギー政策に関するアンケート調査結果公表(札幌商工会議所)

2014年3月13日 木曜日

 

札幌商工会議所 環境・エネルギー委員会では標記アンケート調査を実施し、会員企業 2,326社の経営者層から1,032件(回収率:44.4%)の回答を得て、この度調査結果(最終報告)を取りまとめた。

電気料金値上げに寄って影響があった事業所のうち。6割以上の企業で値上げ分を吸収しているという結果となった。

また、昨年9月と同程度の再値上げがあった場合、「事業継続が困難になる」など経営に影響するとの回答は約65%に上り、その対応については人件費、人員の削減で考えている事業所が多いことがわかった。

 

詳細はこちら

https://www.sapporo-cci.or.jp/content/details/img/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%96%99%E9%87%91%E5%80%A4%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E8%AA%BF%E6%9F%BB.pdf

「省エネ実践セミナー」開催(名古屋商工会議所)3月20日(木)14時~(愛知県名古屋市)

2014年3月11日 火曜日

名古屋商工会議所では、「効果的な省エネの知恵と工夫のポイント」について、専門家からの解説とともに、産業・業務部門それぞれの先進的な実践事例を紹介するセミナーを開催する。
今年4月から消費増税や電気料金の値上げが予定されていますが、それらへの対応として、企業の省エネ活動は、コスト削減や業績改善に直接つながる有効な手段となることをうけての開催。

〔日 時〕平成26年3月20日(木) 14:00~16:00
〔会 場〕名古屋商工会議所 3階 第6会議室
〔参加料〕無料
〔定 員〕70名(先着順)
〔対 象〕省エネ・節電対策やエネルギーコスト削減を考えている会員企業の方、これから省エネ対策を検討してみたい会員企業の方
〔内 容〕①産業・業務部門における省エネ・節電の進め方と具体的方策
       講師:一般財団法人省エネルギーセンター 東海支部事務局次長 水野 清 氏
     ②産業部門における省エネ実践事例の紹介
       講師:株式会社キングコーポレーション 常務取締役  棚橋 俊仁 氏
     ③業務部門における省エネ実践事例の紹介
       講師:生活協同組合 コープあいち 経営企画室 課長 宇野 琢朗 氏
     
詳細はこちら→http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=1402200002

名商ecoクラブ「地中熱利用に関する講演会・交流会」開催(名古屋商工会議所)3月18日(火)15時半~(愛知県名古屋市)

2014年3月11日 火曜日

名古屋商工会議所・名商ecoクラブ 省エネ実践グループでは、岐阜大学工学部社会基盤工学科准教授の大谷具幸氏を講師に招き、地中熱利用に関する講演会を開催する。
地中熱利用は羽田国際空国際線ターミナルや東京スカイツリーで導入が進むほか、オフィスビルや戸建て住宅でも導入に向けた動きが加速しつつある。ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化促進にもつながる地中熱利用について、当地域での事例紹介も含めた講演が行われる。また、ご講演終了後、講師を囲んで交流会も行われる。
(なお、参加申込は3月7日(金)をもって締め切りとなっている。)

〔日 時〕平成26年3月18日(火)15:30~17:00
〔会 場〕名古屋商工会議所 3階第6会議室
〔参加費〕講演会のみの参加:無料、交流会費:4,000円程度/人
〔内 容〕
  15:30~17:00 講 演
    「広がりはじめた地中熱利用 ~その原理と導入事例~」
      岐阜大学 工学部社会基盤工学科  准教授 大谷 具幸 氏
  17:00~19:00 交流会  ※場所未定(伏見近隣を予定)

詳細はこちら→http://www.meisho-ecoclub.jp/?meisho_event=318%e7%9c%81%e3%82%a8%e3%83%8d%e5%ae%9f%e8%b7%b5%ef%bd%87%e3%80%8c%e5%9c%b0%e4%b8%ad%e7%86%b1%e5%88%a9%e7%94%a8%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a%e3%83%bb%e4%ba%a4

「中小・ベンチャー企業のための環境技術セミナー:ネイチャーテクノロジー」開催(大阪商工会議所)3月5日(水)13時半~(大阪府大阪市)

2014年2月21日 金曜日

中小・ベンチャー企業のための環境技術セミナー
「驚きのネイチャーテクノロジー!〜自然に学ぶ新しいものづくり」

大阪商工会議所では、中小・ベンチャー企業のための環境技術セミナーとして、省エネルギー・省資源型のものづくり技術として注目されている「ネイチャーテクノロジー」について紹介するセミナーを開催する。
「ネイチャーテクノロジー」とは、自然界の生き物の持つ構造・仕組みを参考に、最小のエネルギーで効率的に機能するよう工夫した技術。本セミナーでは、自然の知恵から学ぶ新しい社会づくりを目指し、先進的な活動を続けるNPO法人アスクネイチャー・ジャパンから同技術のすばらしさや産官学連携による製品開発などを紹介する。また、同技術を応用して製品の価値向上や新たな価値創造を実現しているシャープ株式会社から代表的な開発事例を取り上げて紹介する。
また、大阪発の優れた環境技術「おおさかエコテック」選定技術も紹介する。

◆日 時: 平成26年3月5日(水)13:30〜16:30
◆場 所: 大阪商工会議所 4階 402号会議室(大阪市中央区本町橋2-8)
◆プログラム:
○講演1「自然に学ぶものづくり〜産官学連携の製品開発、教育普及活動〜」
NPO法人アスクネイチャー・ジャパン
研究員・コーディネーター/滋賀県立大学研究員 星野 敬子
○講演2「ネイチャーテクノロジー応用による家電製品の価値創造」
シャープ株式会社 健康・環境システム事業本部
ネイチャーテクノロジー推進プロジェクトチーム
チーフ 大塚 雅生 氏
○おおさかエコテックの取組みと選定技術の紹介
*おおさかエコテックについて
大阪府立環境農林水産総合研究所
*おおさかエコテック選定技術の紹介
(1)無落差・低流量対応型流水利用式マイクロ水力発電システム / 株式会社 山崎
(2)光触媒ハンノウコート / 長宗産業株式会社
◆参加費: 無料
◆主 催:大阪商工会議所、 地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所

詳細はこちら→http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201402/D22140305012.html

「J-クレジット制度活用セミナー」開催(関東経済産業局)2~3月 関東各地

2014年2月15日 土曜日

【関東地区】「J-クレジット制度活用セミナー」
~中小企業における省エネ投資等を促進し、温暖化対策を進めるためのセミナーです~

 関東経済産業局では、平成25年4月から開始した国の温暖化対策制度である「J-クレジット制度※」についての活用セミナーを開催する。
 地球温暖化やエネルギー需給問題が深刻化する中、温暖化対策のツールとして経済産業省所管の国内クレジット制度と環境省所管のJ-VER制度を発展的に統合した、J-クレジット制度の活用・推進が期待されている。
  本セミナーでは制度内容と活用方法について、具体例を交えながら説明するとともに、平成26年度の国のエネルギー関連予算についても、最新の情報が提供される。

※J-クレジット制度とは
 J-クレジット制度は、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度。

【セミナープログラム予定】
(1)J-クレジット制度について   (関東経済産業局)
(2)J-クレジット制度支援事業とJ-クレジットの活用について (環境経済株式会社)
(3)各地における事例紹介   (地域の企業より)
(4)平成26年度エネルギー・温暖化対策関連予算について (関東経済産業局)

【日時と会場】
2/21(金)14:00~16:00
 埼玉会場(さいたま新都心合同庁舎1号館)

2/24(月)14:00~16:00
 静岡会場(静岡市産学交流センター)

2/26(水)14:00~16:00
 千葉会場(船橋商工会議所)

3/3(月)14:00~16:00 【すでに申込締切済】
 東京会場(銀座ブロッサム中央会館)
 
3/4(火)14:30~16:30
 山梨会場(かいてらす2F 大会議室)
 
3/7(金)14:00~16:30
 栃木会場(栃木県庁本館)
 
3/12(水)14:00~16:00
 長野会場(JA長野県ビル)

詳しくは、環境経済株式会社(関東経済産業局委託先)のホームページをご覧ください。
http://secure.cv-server.net/j-credit-seminar2013/

再エネ推進と脱原発は両立しない(会議所ニュース2014/2/11号掲載記事)

2014年2月14日 金曜日

(会議所ニュース2014/2/11号掲載記事)

再エネ推進と脱原発は両立しない
 - エネルギー政策は現実を踏まえ、総合的な検討を –

 常葉大学 経営学部教授 山本 隆三 氏

 ⇒全文は、http://eco.jcci.or.jp/wp-content/uploads/2014/02/cci-news140211.pdfをご覧ください。

まかり通る大きな誤解
 東日本大震災の直後、反原発の立場のジャーナリスト、国会議員、テレビタレント、大学の教員など多くの人たちが「原発が全てなくても日本の電力供給には不安がない」と主張していた。その根拠は、夏場の最大電力需要よりも、原発を除く発電設備量の方が多いということだった。
 この主張は明らかな間違いだ。例えば、全水力発電所の稼働率は平均すると年間20%に届かず、設備能力の5分の1以下しか利用できない。渇水期の夏場に設備能力の100%で発電することは不可能だ。設備能力と発電電力量はいつも同じと誤解した誰かが言い出した説を、電力の知識がない多くの人が真に受け、二番煎じで語った。節電を前提にしても、夏場の電力供給が十分ではなく綱渡り状態になることが分かるにつれて、原発がなくても大丈夫と主張する人は減っていった。
 電気の話は難しいという例だが、相変わらずいい加減な話をする人が多くいる。一部の人は、「再生エネルギーの利用で脱原発は可能」と主張するためには、嘘も方便でデタラメな数字を並べても許されると考えている節がある。政策を学んでいるはずの国会議員の中にも、再生エネルギーについてかなり大きな誤解をしている人がいる。

 ⇒続きは、http://eco.jcci.or.jp/wp-content/uploads/2014/02/cci-news140211.pdfをご覧ください。

【関連記事】
 ▽「新しい『エネルギー基本計画』策定に向けた意見」を提出 2013/12/26
  http://eco.jcci.or.jp/news/10013.html
 ▽独・英、エネルギー価格上昇に苦悩(会議所ニュース2013/12/1号)
  http://eco.jcci.or.jp/news/9930.html
 ▽値上げ幅の圧縮を 中部電力の審査で意見陳述(会議所ニュース2013/11/21号)
  http://eco.jcci.or.jp/news/9891.html
 ▽低廉な電力の安定供給を エネルギー政策に関する意見を公表(会議所ニュース2013/11/11号)
  http://eco.jcci.or.jp/news/9810.html
 ▽原発稼働停止で3.6兆円のコスト増 電力需給小委、報告書まとまる(会議所ニュース2013/11/1号)
  http://eco.jcci.or.jp/news/9773.html

「関西・米国 グリーンテックフォーラム」開催(大阪商工会議所)3月3日(月)13時~(大阪府大阪市)

2014年2月12日 水曜日

 「関西・米国 グリーンテックフォーラム」
 ~米国企業が環境・エネルギーの新技術・新素材を提案~

大阪商工会議所は、大阪外国企業誘致センター、産業交流センターとともに、『関西/米国グリーンテックフォーラム』を開催する。
グリーンテクノロジー分野でユニークな技術を持ち、日本企業とのパートナーシップを望む米国企業3社が来阪。各社によるプレゼンテーションの後、個別商談会が行われる。

◆日 時: 平成26年3月3日(月) 13:00−17:00
◆場 所: シティプラザ大阪4F (大阪市中央区本町橋 2-31 Tel. 06-6947-7888)
      <セ ミ ナー> 海の間 13:00-14:10
      <個別商談会> 眺の間 14:20-17:00
◆主 催: 大阪商工会議所、大阪外国企業誘致センター、産業交流センター
◆共 催: 大阪府
◆内 容:
   13:00-14:10 セミナー
    米国企業によるプレゼンテーション(和英同時通訳付き) 各社20分間
      (1) Ultrasolar Technology(ウルトラソーラー・テクノロジー社)
      (2) Ecovative Design LLC(エコベイティブ・デザイン社)
      (3) Ringdale(リングデール社)
   14:20-17:00  個別商談会(和英逐次通訳付き) 
     ※商談時間は1コマ(30分間)ずつ設定します
◆北米グリーンテック企業の紹介:
   (1)Ultrasolar Technology
       〜太陽電池モジュールから供給する電力を最大で20%増加させる
        QuantumBoost TMの開発
   (2)Ecovative
       〜菌糸体と農産物廃棄物を組み合わせたバイオ複合材料。有害な
        接着剤の必要性を解消する加工木材代替品を開発
   (3)Ringdale
       〜超寿命、高性能LED照明器具及び、ネットワーク型ビル設備管理
        システム(BMS)
◆定 員: 60名
      (申し込み多数の場合、商談会に参加される方優先)
      (申込締切は2月24日(月))
◆参加費: 無料
◆言 語: 英語/日本語(セミナーは同時通訳、商談会は逐次通訳付)

詳細はこちら→http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201401/D11140303012.html

「『J-クレジット制度』『エネルギー関連支援策』説明会」開催(近畿経済産業局)2月17日(月)滋賀県大津市他

2014年2月7日 金曜日

近畿経済産業局では、「J-クレジット制度」や最新の「エネルギー関連支援策」の説明会を開催する。中小企業・小規模事業者にとっても重要な企業・商品・サービスPR等にも有効な方法として注目の高まるJ-クレジット制度に加え、「エネルギー関連施策」の最新情報を得られる機会となっている。

<滋賀会場>
[日時]平成26年2月17日(月) 14:30~16:30
[場所]大津市ふれあいプラザ 大会議室(滋賀県大津市)   [定員]50名

<和歌山会場>
[日時]平成26年2月19日(水) 9:45~11:45
[場所]和歌山県民文化会館 特別会議室B(和歌山県和歌山市)[定員]50名

<奈良会場>
[日時]平成26年3月3日(月) 14:00~16:00
[場所]奈良県中小企業会館 小会議室(奈良県奈良市)    [定員]40名

<福井会場>
[日時]平成26年3月4日(火) 14:30~16:30
[場所]福井市地域交流プラザ 研修室602(福井県福井市)   [定員]40名
   
*各会場とも、参加費は無料

詳しくはこちら→http://www.kansai.meti.go.jp/3-9enetai/cdm/1402/setsumeikai.html

「平成25年度エネルギー使用合理化シンポジウム」開催(経済産業省)2月全国10都市

2014年2月2日 日曜日

 経済産業省 資源エネルギー庁・経済産業局では、更なる省エネルギー推進に資するため、今後の省エネルギー政策、工場・事業場における省エネ取組事例といった情報を幅広く提供するため、以下のとおり全国10都市でシンポジウムを開催する。

【主 催】経済産業省 資源エネルギー庁 経済産業局
【開催地】全国10都市(各会場ごとに日程が異なる)
【参加費】全会場とも無料 ※参加には事前申込みが必要。
申込等の詳細はこちら→http://shoene-form.jp/

[札幌会場]
 開催日時:平成26年2月17日(月)
 会  場:道新ホール
 北海道札幌市中央区大通西3丁目 道新ビル大通館8F
 定  員:400名
[仙台会場]
 開催日時:平成26年2月13日(木)
 会  場:仙台市太白区文化センター 楽楽楽(ららら)ホール
 宮城県仙台市太白区長町5-3-2
 定  員:500名
[東京会場]
 開催日時:平成26年2月27日(木)
 会  場:ゆうぽうと ホール
 東京都品川区西五反田8-4-13
 定  員:1800名
[名古屋会場]
 開催日時:平成26年2月25日(火)
 会  場:名鉄ホール
 愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店本館10F
 定  員:900名
[金沢会場]
 開催日時:平成26年2月21日(金)
 会  場:金沢市アートホール
 石川県金沢市本町2-15-1 ポルテ金沢6F
 定  員:300名
[大阪会場]
 開催日時:平成26年2月18日(火)
 会  場:エル・おおさか(大阪府立労働センター) エルシアター
 大阪府大阪市中央区北浜東3-14
 定  員:700名
[広島会場]
 開催日時:平成26年2月17日(月)
 会  場:メルパルク広島 平成
 広島県広島市中区基町6-36
 定  員:400名
[高松会場]
 開催日時:平成26年2月24日(月)
 会  場:高松シンボルタワーかがわ国際会議場
 香川県高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー タワー棟6F
 定  員:300名
[福岡会場]
 開催日時:平成26年2月28日(金)
 会  場:アクロス福岡 イベントホール
 福岡県福岡市中央区天神1-1-1
 定  員:400名
[那覇会場]
 開催日時:平成26年2月26日(水)
 会  場:那覇第2地方合同庁舎1号館 大会議室
 沖縄県那覇市おもろまち2-1-1
 定  員:120名

※参加には事前申込みが必要。

講演会「今何をすべきなのか?-エネルギー政策と温暖化対策の再検討-」開催(長野商工会議所)2月28日(金)14時~(長野県長野市)

2014年1月30日 木曜日

長野商工会議所では、21世紀政策研究所研究主幹の澤昭裕氏(日本商工会議所環境専門委員会委員、日本商工会議所エネルギー・原子力政策に関する研究会委員)を迎え、講演会「今何をすべきなのか?-エネルギー政策と温暖化対策の再検討-」を開催する。

〔日 時〕2014年2月28日(金) 14:00~15:30

〔会 場〕長野商工会議所5階会議室

〔講 師〕21世紀政策研究所研究主幹 澤 昭裕 氏

詳細はこちら→http://eco.jcci.or.jp/wp-content/uploads/2014/01/eSeminarnagano.pdf

(参考)

講演「微細藻類が拓く未来~新産業の創出に向けて」開催(大阪商工会議所)1月30日(木)14時~(大阪府大阪市)

2014年1月24日 金曜日

<第7回化学・エネルギー部会>
 「微細藻類が拓く未来~新産業の創出に向けて」

 大阪商工会議所 化学・エネルギー部会では、みずほ情報総研株式会社の高橋香織氏を招き、微細藻類の産業化に向けた最新動向についての講演会を開催する。
 近年世界レベルで地球温暖化やエネルギー価格の上昇が進む中、エネルギーの安定確保は日本をはじめ世界各国でも重要な課題となっている。この課題解決に向けて、現在「微細藻類」への関心が高まっている。微細藻類は一般的に水中に存在する藻で、その多くは植物と同様に太陽光を利用し光合成を行い、代謝産物としてオイルを産生する。こうして得られたオイルは次世代エネルギー源として、ジェット燃料への実用化に向けて研究が進んでいる。また、微細藻類は食品や医薬品などへの応用も期待されており、新たな産業の担い手としても注目されている。

◆日 時:平成26年1月30日(木)14:00〜16:00

◆場 所:大阪商工会議所 5階 502号会議室

◆参加費:無料(大阪商工会議所会員限定)

◆定 員:70名
     (先着順。定員に達し次第締め切りとさせていただきます)

詳細はこちら→http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201312/D22140130010.html

「みんなの環境エネルギーフェスタ2014」開催(町田・八王子・相模原商工会議所)2014年2月7日(金)~8日(土)(東京都町田市)

2014年1月18日 土曜日

「みんなの環境エネルギーフェスタ2014」(略称: みんエネ)

この度八王子商工会議所、町田商工会議所、みんなのエネルギー会議が合同して「みんなの環境エネルギーフェスタ2014」を開催する。相模原商工会議所も特別後援する。
みんなの環境エネルギーフェスタは国内外の環境エネルギー関連の大学研究機関や企業(大企業、中小企業、ベンチャー)、NPOや地域団体などが集う異分野広域連携のプラットフォームと位置づけ、イノベーション創出の機会となっている。
産官学市民、異分野・異業種連携、技術連携、学術連携、川上川下連携、研究技術とメーカーや事業者とのマッチング、バイヤーとのマッチングを考えてている方は是非ご参加ください。

【会 期】2014年2月7日(金)13時~17時・2月8日(土)10時~15時
      (2月7日17時30分~情報交換会・懇親会 参加費:調整中)
      ※準備日(7日10時~)・撤去日(8日15時~)
      ※7日は産学向け、8日は市民・こども向け(小中学校)プログラムが追加
【会 場】玉川大学5号館 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
      (情報交換会・懇親会はりんどう食堂)
【入場料】無料
      ※セミナー、ワークショップなどにより有償プログラムあり(要申込み含む)

詳細はこちら→http://www.icic.jp/energyfiesta2014/ (みんなの環境エネルギーフェスタ2014特設サイト)