‘カーボンオフセット’ タグのついている投稿

G7伊勢志摩サミットに伴い排出された温室効果ガスの全量カーボン・オフセットが完了(経済産業省)

2016年11月4日 金曜日

経済産業省は、外務省、環境省、農林水産省と連携して本年5月26日、27日に開催したG7伊勢志摩サミットに伴い排出された温室効果ガスについて、カーボン・オフセット(排出量の埋め合わせ)(※)が完了したことを公表した。首脳や関係者の会場までの移動や宿泊、会場運営等に伴って発生した温室効果ガスを、国内の法人および自治体計111者から提供されたクレジットおよび政府が保有するクレジットによって埋め合わせた。G7サミットにおいて、法人や自治体の協力を得たカーボン・オフセットの実施は初めての試み。

※カーボン・オフセット:日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方。

詳細はこちら⇒http://www.meti.go.jp/press/2016/11/20161101002/20161101002.html

「カーボンマーケットEXPO 2014」開催(環境省)2014年3月4日(火)

2013年12月27日 金曜日

環境省では、カーボンマーケットEXPO 2014を開催する。
これは、カーボン・マーケットに関連した日本最大の展示会として、主にクレジット創出事業者とカーボン・オフセット取組事業者とのマッチングを目的としたイベント。
最新のカーボン・マーケット事情、気候変動政策や環境経営等の情報を集約し、市場メカニズムを利用したビジネスの拡大を図る。

入場には事前の申し込みが必要。

〔日 時〕平成26年3月4日(火)午前10時~午後5時
〔会 場〕東京国際フォーラム 展示ホール1
〔対 象〕市場メカニズムを活用した地球温暖化対策(カーボン・オフセット及びJ-VERの取組等)に興味のある企業、クレジットの購入を検討している企業、CSR活動としてカーボン・オフセット等地球温暖化対策の導入を検討している業など

詳細はこちら→https://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17549

「2014年グリーン・エコカレンダー」申込受付中(札幌商工会議所)

2013年11月14日 木曜日

札幌商工会議所では、会員企業の社名を入れた、自然に優しいグリーン・エコカレンダーの販売を行っている。申込締め切り日は11月30日(土)。
本カレンダー100冊に付き、1本のカラマツが植林される(約155kg-CO2相当)。北海道美幌町のFSC認証林で1haの面積に2,000本のカラマツを植林し20年間管理すると約310tのCO2が貯蓄される。この植林を通じて、カラマツをFSC認証紙の原材料として育てていく予定となっている。
     
詳細はこちら→https://www.sapporo-cci.or.jp/content/details/service/2013/09/post-74.html

「2013年グリーン・エコカレンダー」予約受付中(札幌商工会議所)北海道札幌市

2012年10月31日 水曜日

札幌商工会議所では、会員企業の社名を入れた、自然に優しいグリーン・エコカレンダーの販売を行っている。11月9日(金)までに申し込むと、早期割引(20%割引)となる。
なお、本カレンダー100冊に付き、1本のカラマツが植林される(約155kg-CO2相当)。北海道美幌町のFSC認証林で1haの面積に2,000本のカラマツを植林し20年間管理すると約310tのCO2を貯蓄する。この植林を通じて、カラマツをFSC認証紙の原材料として育てていく予定となっている。
     
詳細はこちら→https://www.sapporo-cci.or.jp/content/details/service/2012/10/post-46.html