‘東京都’ タグのついている投稿

水素エネルギーの仕組み・利点・活用事例等を紹介するウェブサイト「東京スイソ学園」を開設(東京都)

2017年1月11日 水曜日

東京都は、水素エネルギーの仕組み・利点・活用事例等を紹介するウェブサイト「東京スイソ学園」を開設した。

本ウェブサイトでは、米村でんじろうさん、朝比奈彩さんが出演する授業形式の映像等により、水素エネルギーについて楽しみながら学ぶことができる。また、東京都が主催する水素エネルギーに関するイベント等について、随時情報を掲載している。

詳細はこちら⇒https://suiso-tokyo.jp/gakuen/index.html

2月23日に「貨物輸送評価制度セミナー」を開催(東京都)

2016年12月22日 木曜日

東京都は2月23日、「貨物輸送評価制度セミナー」を開催する。

本セミナーでは、CO2削減対策や交通事故減少に繋がるエコドライブの効果、貨物運送事業者の先進的な取組み等に関する説明や、「貨物輸送評価制度」の評価取得事業者によるパネルディスカッションを予定している。

貨物輸送評価制度とは、東京都が算出した車種・重量等の区分ごとの燃費のベンチマーク(指標となる値)等をもとに、事業者のエコドライブの取組みを評価する制度。事業者は、取組みの度合いに応じて星の数(1~3)で評価され、星の数を示した「認証マーク」を車両等に表示することができる。

詳細はこちら⇒http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/vehicle/sgw/nenpi-hyoka/cat10036.html

東京都「貨物輸送評価制度」をご利用ください(東京都)

2016年12月22日 木曜日

東京都は、自動車からのCO2排出削減対策として、環境負荷低減の取組みを進めている貨物運送事業者を実走行燃費等で評価する「貨物輸送評価制度」を実施している。

貨物輸送評価制度とは、東京都が算出した車種・重量等の区分ごとの燃費のベンチマーク(指標となる値)等をもとに、事業者のエコドライブの取組みを評価する制度。事業者は、取組みの度合いに応じて星の数(1~3)で評価され、星の数を示した「認証マーク」を車両等に表示することができる。

評価対象事業者は、都内に貨物を運送する貨物自動車運送事業者(緑・黒ナンバー事業者)で、評価のポイントは、①実走行燃費、②ドライバーへの教育訓練・指導体制構築の状況、③燃費管理の状況、④燃費データベース構築の状況等。

詳細はこちら⇒http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/vehicle/sgw/nenpi-hyoka.html

東京都区市町村の地球温暖化防止に係る事業所および家庭向け支援策・補助金一覧を公開(東京都地球温暖化防止活動推進センター)

2016年12月15日 木曜日

東京都地球温暖化防止活動推進センターは、東京都区市町村の地球温暖化防止に係る事業所および家庭向け支援策・補助金一覧を公開している。

本一覧は、同センターが、平成28年4月に都内区市町村の担当者を対象としたアンケートで取得した温暖化対策および省エネに関連する補助金情報をベースに、同センターが平成28年11月時点で再調査した内容を付加したもの。なお、本一覧の内容は、平成28年度実施の支援策・補助金情報であり、すでに募集を終了したものも含まれている。

詳細はこちら⇒https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/area/municipalities_subsidy/

環境関連の東京都補助金・支援策ガイド「エコサポート2016」を公開(東京都環境局)

2016年12月14日 水曜日

東京都環境局は、環境関連の東京都補助金・支援策ガイド「エコサポート2016」を公開している。

本ガイドは、「事業所向け」および「個人・家庭向け」の補助金・支援策について、7つの項目(①省エネ・再エネ・創エネ機器を導入する、②環境にやさしい自動車を購入する、③水素エネルギー関連設備を導入する、④緑化・暑熱対策をする、⑤ノンフロン機器を購入する、⑥PCB廃棄物を処理・運搬する、⑦省エネ等のアドバイスを受ける(無料))に分けて紹介している。

詳細はこちら⇒http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/about/eco_support/index.html

「グリーンリース普及促進事業」への応募を受付中(東京都地球温暖化防止活動推進センター)

2016年11月15日 火曜日

東京都地球温暖化防止活動推進センターは、グリーンリース普及促進事業への応募を受け付けている。

本事業は、中小テナントビルのオーナーとテナントが協働して取り組む「グリーンリース※」等を条件に、オーナーに設備改修費用等の一部を助成するもの。助成対象事業者は、都内の中小テナントビルを所有し、かつ、中小企業基本法に定める中小企業者で大企業が実質的な経営に参加していない者等。助成対象経費は、①グリーンリース契約のための調査費用および②グリーンリース契約に基づく設備改修費用。

※グリーンリース:ビルオーナーとテナントが省エネなどの環境負荷の低減や執務環境の改善について契約や覚書等によって自主的に取り決め、その取り決め内容を実践すること。

詳細はこちら⇒https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/gl/

2月18日に「貨物輸送評価制度セミナー」を開催(東京都)

2016年1月28日 木曜日

東京都は2月18日、「貨物輸送評価制度セミナー」を開催する。

当日は、CO2削減対策や交通事故減少に繋がるエコドライブの効果、貨物運送事業者の先進的な取組み等に関する説明や、「貨物輸送評価制度」の評価取得事業者によるパネルディスカッションを予定している。

貨物輸送評価制度とは、東京都が算出した車種・重量等の区分ごとの平均燃費値をもとに、事業者のエコドライブ等の取組みを評価する制度。事業者は、取組みの度合いに応じて星の数(1~3)で評価され、星の数を示した「認証マーク」を車両等に表示することができる。

詳細はこちら⇒http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/vehicle/sgw/nenpi-hyoka/cat10036.html

東京都「貨物輸送評価制度」をご利用ください(東京都)

2016年1月28日 木曜日

東京都は、自動車からのCO2排出削減対策として、環境負荷低減の取組みを進めている貨物運送事業者を、実走行燃費等で評価する「貨物輸送評価制度」を実施している。

貨物輸送評価制度とは、東京都が算出した車種・重量等の区分ごとの平均燃費値をもとに、事業者のエコドライブ等の取組みを評価する制度。事業者は、取組みの度合いに応じて星の数(1~3)で評価され、星の数を示した「認証マーク」を車両等に表示することができる。

評価対象事業者は、都内に貨物を運送する貨物自動車運送事業者(緑・黒ナンバー事業者)。審査事項は、①ドライバーへの教育訓練、指導体制構築の状況、②燃費管理の状況、③燃費データベース構築の状況の3項目。

詳細はこちら⇒http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/vehicle/sgw/nenpi-hyoka.html

「東京都中小規模事業所のクラウド利用による省エネ支援事業」の募集を11月24日に開始(東京都)

2015年10月22日 木曜日

東京都は、「東京都中小規模事業所のクラウド利用による省エネ支援事業」の募集を11月24日に開始する。

本事業は、都内の中小事業者が使用する情報システム等について、エネルギー効率の高いデータセンターを利用したクラウドサービスに移行する場合、必要な経費の一部を助成するもの。

助成対象事業者は、中小企業基本法に定める中小企業者または資本金10億円未満の事業者。助成対象経費は移行作業費および物品・サービス費で、助成率は助成対象経費の3分の1または6分の1(データセンターの種類によって助成率が異なる)。

詳細はこちら⇒http://www.tokyo-co2down.jp/subsidy/cloud

「オフィスビルの耐震化対策・省エネ設備導入セミナー」を4月21日に開催(東京商工会議所)

2015年4月10日 金曜日

 東京商工会議所は4月21日、「オフィスビルの耐震化対策・省エネ設備導入セミナー」を開催する。

 本セミナーでは、オフィスビルの防災対策強化を目的に、都内建築物の耐震化の現状や、東京都耐震マーク表示制度、特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化補助金などの東京都の施策・取り組みについて説明する。あわせて、東京都の省エネルギー設備の導入費用助成事業等、中小テナントビルを対象とした省エネ支援策を紹介する。

詳細はこちら⇒http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-60034.html

「分散型電源として活用可能な次世代自動車の普及促進事業」への応募を受付中(クール・ネット東京)

2015年1月29日 木曜日

 クール・ネット東京は、「分散型電源として活用可能な次世代自動車の普及促進事業」への応募を受け付けている。

 本事業は、外部給電が可能な次世代自動車(EV・PHV)を導入する中小企業者等に対して、その経費の一部を助成することにより、温暖化対策に加え、都市のエネルギーマネジメントや非常用電源として防災性に寄与することを目的としている。助成の条件として、①都内に事務所または事業所を有する中小企業者等(中小企業基本法第2条第1項に規定する)または個人の事業者であること、②上記に掲げる中小事業者等とリース契約等を締結したリース事業者であること、等がある。

詳細はこちら⇒http://www.tokyo-co2down.jp/subsidy/ev/

スマートマンション導入促進事業への応募を受付中(クール・ネット東京)

2015年1月29日 木曜日

 クール・ネット東京は、スマートマンション導入促進事業への応募を受け付けている。

 本事業は、都内集合住宅を対象に、国による補助金の交付決定を受けたMEMS(マンションのエネルギー管理システム)の導入に対して、その経費の一部を補助し、集合住宅のエネルギー管理を促進するもの。なお、助成の条件として、都内の集合住宅においてMEMSを設置すること、集合住宅の全戸の所有者または管理組合が、同一のMEMSアグリゲータと1年以上のエネルギー管理支援サービスに係る契約を締結すること、等がある。

詳細はこちら⇒http://www.tokyo-co2down.jp/subsidy/mems/

「平成26年度 中小規模事業所の温暖化対策セミナー」を3月12日、13日に開催(東京都、クール・ネット東京)

2015年1月26日 月曜日

 東京都及びクール・ネット東京は、省エネ・節電に役立つヒントが得られる「温暖化対策セミナー」の開催を決定し、お申込みの受付を開始した。

 【日 時】:第1回 平成27年3月12日(木)14:00~17:00 

      第2回 平成27年3月13日(金)14:00~17:00   

【場 所】:科学技術館サイエンスホール(東京都千代田区北の丸公園2-1)「竹橋駅or九段下駅から徒歩7分」

【定 員】:各回400名(参加費無料、申込先着順)

詳細はコチラ⇒>http://www.tokyo-co2down.jp/report/warming/measure/

「東京都中小テナントビル省エネ改修効果見える化プロジェクト」への共同申請を受付中(東京都地球温暖化防止活動推進センター)

2014年11月14日 金曜日

 東京都地球温暖化防止活動推進センターは、「東京都中小テナントビル省エネ改修効果見える化プロジェクト」への共同申請を受け付けている。
 本プロジェクトは、都内に中小テナントビルを所有する事業者を対象に、LED照明等の高効率な省エネルギー設備を導入することにより、ベンチマーク評価が上昇することを条件に、その費用の一部を公益財団法人東京都環境公社が助成する事業。

詳細はこちら⇒http://www.tokyo-co2down.jp/subsidy/visuralize/

スーパーエコタウンの見学会を開催(東京都)

2014年10月24日 金曜日

 東京都は、都民を対象として、スーパーエコタウンの見学会を開催している。
 本見学会は、首都圏の廃棄物問題の解決と新たな環境産業の立地を促進し、循環型社会への変革を促進することを目的とした先進的なリサイクル施設(スーパーエコタウン)を訪問するもので、毎月開催している。

詳細はこちら⇒http://www.tokyokankyo.jp/activity/publicity/study/ecotown/