‘環境省’ タグのついている投稿

平成29年度エネルギー対策特別会計における補助・委託等事業のパンフレットを公開(環境省)

2017年3月3日 金曜日

環境省は、平成29年度エネルギー対策特別会計における補助・委託等事業のパンフレットを公開している。

本パンフレットは、エネルギー・環境関連の補助・委託等事業について、予算額、目的・意義、事業内容、補助内容等について記載しているもの。テナントビル等の省エネを支援する「業務用施設等における省CO2促進事業」や、CO2排出削減対策実施案作成、省エネ設備導入等を支援する「CO2削減ポテンシャル診断推進事業」など、事業者の皆様にご活用いただける補助事業等を紹介している。

詳細こちら⇒http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html

「COOL CHOICE」MOE萌えキャラクターを決定(環境省)

2017年2月24日 金曜日

環境省は、「COOL CHOICE」MOE(※)萌えキャラクターを決定した。

本取り組みは、地球温暖化対策として環境省が取り組んでいる国民運動「COOL CHOICE」の認知度向上等に向けて、様々な普及啓発活動に活用することを目的としたCOOL CHOICE MOE萌えキャラクターを制作するプロジェクト。複数のキャラクターデザインに対して投票を受け付け、その結果を踏まえ、環境大臣が最終的な選定を行い、イメージキャラクターを決定した。

本日から、スマートフォン・タブレット端末用アプリ「COOL CHOICE」において、同キャラクターがナビゲーターとしてライフスタイルに応じた「おすすめ地球温暖化対策プラン」等の提案を行っているほか、今後、同キャラクターを活用したCOOL CHOICEストーリー(再配達削減やクールビズなどをテーマとした動画)の配信やFacebook、ツイッター、インスタグラム等のSNSを活用した情報発信も予定している。

※MOE:Ministry of the Environment(環境省)の頭文字

詳細はこちら⇒

http://www.env.go.jp/press/103691.html

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/character/release/

2月6日にシンポジウム「我が国が誇る循環産業の海外展開プラットフォーム」を開催(環境省)

2017年1月26日 木曜日

環境省は2月6日、シンポジウム「我が国が誇る循環産業の海外展開プラットフォーム」を開催する。

環境省は、循環産業(廃棄物処理・リサイクル関係産業)を我が国の優れたインフラ関連産業の一つとして捉え、その育成・海外展開促進に積極的に取り組んでおり、本シンポジウムは、我が国の循環産業関係者が一堂に会し、海外展開状況について幅広く情報共有することで、更なる循環産業の海外展開促進を目的に開催するもの。当日は、循環産業の海外展開支援に関する講演、循環産業事業者による海外展開の事例発表、パネルディスカッション等を予定している。

詳細はこちら⇒http://www.env.go.jp/press/103396.html

「COOL CHOICE」MOE萌えキャラクターの投票を受付中(環境省)

2016年12月9日 金曜日

環境省は、「COOL CHOICE」MOE(※)萌えキャラクターの投票を受け付けている。

本投票は、地球温暖化対策として環境省が取り組んでいる国民運動「COOL CHOICE」の認知度向上等に向けて、様々な普及啓発活動に活用することを目的としたCOOL CHOICE MOE萌えキャラクターを制作するプロジェクトの一環として実施するもの。複数のキャラクターデザインに対して投票を受け付け、その結果を踏まえ、環境大臣が最終的な選定を行い、イメージキャラクターを決定する。

※MOE:Ministry of the Environment(環境省)の頭文字

詳細はこちら⇒http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/vote/

「COOL CHOICE TV」を公開(環境省)

2016年12月9日 金曜日

環境省は、「COOL CHOICE TV」の公開を開始した。

「COOL CHOICE TV」は、身近な現実を知り、温暖化の問題を「自分事」として捉え、あらゆる生活の場面において地球に優しい「選択」をしてもらうことを目的として、地球温暖化による日本各地の影響やその対策を取材し公開している。

「COOL CHOICE」とは、政府が掲げた温室効果ガス排出削減目標(2030年度に2013年度比で26%削減)を達成するための国民運動。日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促すもので、政府だけでなく、事業者や国民が一致団結して行うことを目指している。

詳細はこちら⇒https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/tv/

容器包装リサイクル制度に係る再周知について(農林水産省等)

2016年11月25日 金曜日

容器包装ごみについて、消費者・市町村・事業者の役割分担のもとでリサイクルを促進し、最終処分場の延命や資源の有効な利用を図ることを目的として、平成7年に「容器包装リサイクル法(容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律)」が公布され、平成12年から完全施行された。

このたび、農林水産省等が、事業者の皆様に引き続き容器包装リサイクルの義務を履行いただくにあたり、あらためて容器包装リサイクル制度の周知を行っている。

詳細はこちら⇒http://www.jcci.or.jp/sangyo2/recyclesiryo.pdf

「『COOL CHOICE』MOE萌えキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募コンテスト(募集第2弾)」を実施中(環境省)

2016年11月22日 火曜日

環境省は、「COOL CHOICE」MOE(※)萌えキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募コンテスト(募集第2弾)を実施している。

本コンテストは、地球温暖化対策として環境省が取り組んでいる国民運動「COOL CHOICE」の認知度向上等に向けて、様々な普及啓発活動に活用することを目的としたCOOL CHOICE MOE萌えキャラクターを制作するプロジェクト。第1弾として募集し決定したイメージキャラクターのコンセプトをもとに、第2弾(応募締切12月4日)としてキャラクターデザインを募集している。

※MOE:Ministry of the Environment(環境省)の頭文字

詳細はこちら⇒https://crowdworks.jp/lp/moe

高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理促進(経済産業省・環境省)

2016年11月18日 金曜日

経済産業省と環境省は、その毒性から製造が中止されて国が中心となって処理が進められているポリ塩化ビフェニル(PCB)について、一部地域で処理期限が迫っていることから、説明会を開催するなど注意喚起を行っている。

処理施設は全国5カ所に整備されており、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)が運営している。処分期間は処理施設ごとに決まっており、早いものでは平成29年度末、遅いものでも34年度末までにJESCOに処分を委託する必要がある。

詳細は以下を参照。

 

PCB機器の処理促進について(経済産業省ホームページ)http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyokeiei/pcb/index2_2.html

 

ポリ塩化ビフェニル(PCB)早期処理情報サイト(環境省ホームページ)http://www.env.go.jp/recycle/poly/pcb_soukishori/

 

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)ホームページhttp://www.jesconet.co.jp/

12月5日に「Water Style サミット with CDP2016ウォーター日本報告会」を開催(環境省)

2016年11月7日 月曜日

環境省は12月5日、「Water Style サミット with CDP2016ウォーター日本報告会」を開催する。

本サミットは、健全な水循環の維持と回復のための取り組みを推進する官民連携プロジェクト「ウォータープロジェクト」へのさらなる企業の参画を促すとともに、日本国内における水循環・水環境に関する取り組みの推進を目的に開催する。当日は、環境省やウォータープロジェクト参加企業等による講演、パネルディスカッション等を予定している。

詳細はこちら⇒http://ias.unu.edu/jp/events/upcoming/japan-water-style-summit-with-cdps-global-water-forum-2016.html#overview

「『COOL CHOICE』MOE萌えキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募コンテスト」を実施中(環境省)

2016年10月20日 木曜日

環境省は、「COOL CHOICE」MOE(※)萌えキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募コンテストを実施している。

本コンテストは、地球温暖化対策として環境省が取り組んでいる国民運動「COOL CHOICE」の認知度向上等に向けて、様々な普及啓発活動に活用することを目的としたCOOL CHOICE MOE萌えキャラクターを制作するプロジェクト。第1弾(応募締切10月30日)としてイメージキャラクターのコンセプトを募集し、第2弾(応募期間11月14日~27日)としてキャラクターデザインを募集する。

※MOE:Ministry of the Environment(環境省)の頭文字

詳細はこちら⇒https://crowdworks.jp/lp/moe

環境コミュニケーション大賞への応募を受付中(環境省)

2016年10月17日 月曜日

環境省は、環境コミュニケーション大賞への応募を受け付けている。

本表彰は、優れた環境報告書等を表彰することで、事業者を取り巻く関係者との環境コミュニケーションを促進することにより環境への取組が一層活性化することを目的に実施するもの。応募締切は11月8日(当日消印有効)。

募集対象は、①環境報告書部門および②環境活動レポート部門。①は、平成27年11月から平成28年10月までに発行された「環境報告書(環境・社会報告書、持続可能性報告書、CSR報告書等も含む)」が対象で、工場、事業場、支店等の単位でも応募できる。②は、エコアクション21認証・登録制度により認証・登録をした事業者が、平成27年11月から平成28年10月までに発行した環境活動レポートのうち、レポート対象期間が1年以上あるものが対象となる。

詳細はこちら⇒http://www.env.go.jp/press/103079.html

「環境情報開示システム」の参加者を募集中(環境省)

2016年8月10日 水曜日

環境省は、「環境情報開示システム」の参加者を募集している。

同システムは、企業が公表する環境情報を投資家等と共有し、対話を実現できるプラットフォーム。企業・投資家間、企業間、投資家間等の全方位コミュニケーションの実現を目指す。あわせて、企業が同システムに登録した環境情報をExcelブック形式で自由にダウンロードし、原単位の推移などを可視化できる「分析支援ツール」も利用可能。

詳細はこちら⇒https://www.envreport.go.jp/portal.html

クールビズの実施を呼びかけ(環境省)

2016年7月7日 木曜日

環境省はクールビズの実施を呼びかけている。

クールビズとは、オフィスや家庭での冷房時に、室温28度でも快適に過ごすことができる工夫を指す。2016年のクールビズ期間は5月1日~9月30日で、適正な室温管理と、各自のTPOに応じた軽装など無理のない工夫を呼びかけている。

クールビズのホームページでは、オフィスにおけるブラインドや断熱シートを使用した室温上昇抑制等の対策を提案しており、加えて、ポスターやロゴマーク等のツールを提供している。

詳細はこちら⇒http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/coolbiz/

「グッドライフアワード」への応募を受付中(環境省)

2016年6月22日 水曜日

環境省は、「グッドライフアワード」への応募を受け付けている。

本事業は、企業、地方公共団体、市民活動団体、非営利団体、学校、個人等を対象に、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを広く募集し、紹介・表彰することで、同活動・取り組みの活性化を支援し、環境に優しい社会の実現を目指すプロジェクト。

詳細はこちら⇒http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/

「君たちの動画を待っている!藤岡弘、地球温暖化防止道場」を開始(環境省)

2016年6月22日 水曜日

環境省は、「君たちの動画を待っている!藤岡弘、地球温暖化防止道場」を開始した。

本事業は「COOL CHOICE」の活動の一環として実施するもの。個人、グループ、企業・団体から地球温暖化防止への意識を醸成・喚起する動画を募集し、優秀作品の選定・表彰を行うことで、地球温暖化防止の普及啓発に活用することを目的としている。

「COOL CHOICE」とは、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動の名称。統一ロゴマークを設定し、政府・産業界・労働界・自治体・NPO等が連携して、広く国民に呼びかけている。

詳細は、以下を参照。

 

①「君たちの動画を待っている!藤岡弘、地球温暖化防止道場」の開始について

http://www.env.go.jp/press/102681.html

 

②「君たちの動画を待っている!藤岡弘、地球温暖化防止道場」動画サンプル

http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/douga/