‘省エネルギーセンター’ タグのついている投稿

平成28年度省エネ大賞地区発表大会を開催(省エネルギーセンター)

2016年9月2日 金曜日

省エネルギーセンターは、東京、名古屋、大阪で平成28年度省エネ大賞地区発表大会を開催する。開催日は、東京会場は10月4日および5日、名古屋会場は9月30日、大阪会場は9月29日。

本発表大会では、①優れた省エネルギー性を有する製品または省エネルギー波及効果の高いビジネスモデルに関する発表、および②企業全体での取り組みや工場等の製造プロセスの改善、現場密着型の小集団活動等の省エネルギー活動に関する発表を予定している。

詳細はこちら⇒http://www.eccj.or.jp/bigaward/result1610/index.html

無料省エネ相談等の省エネ支援サービスを提供(省エネルギーセンター)

2016年7月21日 木曜日

一般財団法人省エネルギーセンターは、無料省エネ相談等の省エネ支援サービスを提供している。

主なサービスは次の4つ。①無料省エネ相談は、地域に設置された「省エネルギー相談地域プラットフォーム」が、地域の皆様による省エネの取り組みをきめ細かくサポートするサービス。②無料省エネ診断は、電力や燃料・熱など「総合的な省エネ行動をサポートする」診断サービス。③無料節電診断は、工場やビル等のピーク電力削減など「節電行動をサポートする」診断サービス。④無料講師派遣は、省エネルギーや節電をテーマに含む「省エネ・節電説明会」(セミナー・カンファレンス等)に無料で講師を派遣するサービス。

また、同センターが運営し、省エネに関する各種情報を提供している「省エネ支援総合ポータルサイト」では、省エネにより削減されるコストを具体的に例示している無料の冊子「儲けにつながる省エネ術」の申し込みを受け付けている。

詳細はこちら⇒http://www.shoene-portal.jp/

「家庭の省エネエキスパート検定」「ビルの省エネエキスパート検定」の申込受付中(省エネルギーセンター)

2016年6月3日 金曜日

省エネルギーセンターは、「家庭の省エネエキスパート検定」「ビルの省エネエキスパート検定」の申込を受け付けている。当検定は、「家庭/ビルの省エネ・節電」を、日常生活や企業等の活動において進めることのできる人材の発掘・育成を目的として実施している。申込締切日は8月5日で、試験日は10月2日。

詳細は以下を参照。

 

家庭の省エネエキスパート検定https://shouene-residential-expert.jp/index.html

ビルの省エネエキスパート検定http://www.eccj.or.jp/bldg-expert/

平成28年度省エネ大賞の応募を受付中(省エネルギーセンター)

2016年4月28日 木曜日

一般財団法人省エネルギーセンターは、優れた省エネルギー活動事例や技術開発による先進型省エネルギー製品等を表彰する「省エネ大賞」の応募を受け付けている。

本表彰は、①省エネ事例部門、②製品・ビジネスモデル部門の2部門で実施する。①省エネ事例部門は、企業や工場、事務所等での省エネの取組み、現場における小集団活動等により、優れた省エネルギー活動を推進し、成果をあげた事業者を対象とする。②製品・ビジネスモデル部門は、平成28年11月1日までに国内で購入可能な優れた省エネルギー性を有する製品、または省エネルギー波及効果の高いビジネスモデルを開発した事業者を対象とする。

詳細はこちら⇒http://www.eccj.or.jp/bigaward/

「省エネ診断・技術事例発表会」を11月26日に開催(省エネルギーセンター)

2015年11月20日 金曜日

省エネルギーセンターは11月26日、「省エネ診断・技術事例発表会」を開催する。

本発表会は、中小企業等における省エネ対策の推進を図るため、経営者、エネルギー管理責任者や管理担当者等、幅広い方々を対象に、最新省エネ技術や省エネ診断をきっかけとして省エネ効果をあげた事例、省エネ推進の支援策等について紹介し、省エネ推進の具体的な実施方法について情報提供するもの。

詳細はこちら⇒http://www.shindan-net.jp/seminar/index.html

「平成27年度省エネ大賞 地区発表大会」を開催(省エネルギーセンター)

2015年8月31日 月曜日

一般財団法人省エネルギーセンターは、平成27年度省エネ大賞の地区発表大会を開催する。

本発表大会は、平成27年度省エネ大賞への応募があった153件の中から、第1次審査を通過した受賞候補70件の公開審査をかねて、東京、名古屋、大阪の3地区で開催するもの。当日は、先進性・独創性・普遍性の高い効果的な省エネ・節電事例や最新のテクノロジーを駆使した製品・ビジネスモデル等について発表を予定している。開催日は、東日本地区(東京会場)は10月1日および2日、中日本地区(名古屋会場)は10月6日、西日本地区(大阪会場)は10月7日。

詳細はこちら⇒http://www.eccj.or.jp/bigaward/result1510/index.html

セミナー「低温排熱回収による省エネの最新技術」を4月17日に開催(省エネルギーセンター)

2015年3月20日 金曜日

 省エネルギーセンターは4月17日、セミナー「低温排熱回収による省エネの最新技術」を開催する。

 本セミナーは、捨熱利用の事例を知り、熱回収のイメージを掴み、所有する工場・ビルでの捨熱利用を検討したい方や、工場・ビルで熱管理・省エネ対策に取組んでいる方を対象に開催する。当日は、排熱回収による省エネ事例や、排熱回収で活躍するヒートポンプ等の機器等について説明を予定している。

詳細はこちら⇒http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/kan/150417_pm.pdf

「使える「省エネ補助金」活用セミナー」を4月17日に開催(省エネルギーセンター九州支部)

2015年3月20日 金曜日

 省エネルギーセンター九州支部は4月17日、「使える「省エネ補助金」活用セミナー」を開催する。

 本セミナーでは、平成26年度補正予算「地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金」や平成27年度予算「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」について、特徴や活用判断のポイントについて説明する。また、補助金申請に際して必要かつ有効な「知識」「知恵」「テクニック」について解説する。

詳細はこちら⇒http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/kyu/150417.pdf

講座「「省エネ改善対象設備」と「省エネ目標設定の手法」が分かる!」を4月16日に開催(省エネルギーセンター)

2015年3月13日 金曜日

 省エネルギーセンターは4月16日、講座「「省エネ改善対象設備」と「省エネ目標設定の手法」が分かる!」を開催する。

 本講座では、「工場のエネルギーフロー評価ツール」の使い方、実際の適用例等について説明を予定している。

 「工場のエネルギーフロー評価ツール」とは、工場全体の省エネ目標に対して、各機器や工程においてどの程度の省エネ目標を設定すべきかが分かるもの。入力項目を最小限におさえ、専門家でなくても簡単に使えるよう簡易化したもので、工程全体のエネルギーの使用量やロス量が1枚のシートで鳥瞰できる。

詳細はこちら⇒http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/kan/150416.pdf

省エネ・節電無料診断・説明会の講師無料派遣を実施中(省エネルギーセンター)

2013年7月4日 木曜日

省エネルギーセンターは本年度も説明会講師の無料派遣、省エネ・節電の無料診断サービスを行う。

 

省エネルギーセンターによる講師派遣、診断サービスの概要

1.無料講師派遣

省エネルギーや節電をテーマにした説明会(セミナー、カンファレンス等)に無料で講師を派遣するサービス。

2.無料節電診断

原則として、契約電力50kW以上の高圧電力または特別高圧電力契約者の工場・ビル等が対象です。エネルギー管理指定工場は除くが、中小企業(中小企業基本法で規定)は指定工場であっても対象になる。

3.無料省エネ診断

原則として年間エネルギー使用量(原油換算値)が100kL以上1500kL未満の工場・ビル等が対象。ただし、中小企業(中小企業基本法で規定)はすべて対象。

 

 詳細、お問い合わせ、お申込み等は、省エネ・節電ポータルサイトhttp://www.shindan-net.jp/をご参照。

「平成25年度省エネ大賞」募集中(省エネルギーセンター)

2013年6月10日 月曜日

省エネルギーセンターでは、国内の省エネルギーを推進している事業者及び省エネルギー性に優れた製品又はビジネスモデルを開発した事業者を表彰する「省エネ大賞」への応募者を募集している。また、本年度も昨年度に引き続き、上記の取組を行う事業者の中から、特にピーク電力の抑制・ピークシフト等の節電に貢献のあった事業者も表彰される。事業者には、産業・業務・運輸部門に属する企業、工場・事業場のほか、自治体、教育機関等も含まれる。申込期限は7月10日(水)必着。

詳細はこちら→ http://www.eccj.or.jp/bigaward/index.html

「ENEX2013/Smart Energy Japan 2013」開催(省エネルギーセンター)1月30日(水)~2月1日(金)(東京ビッグサイト)

2013年1月22日 火曜日

~「エネマネ」で変わるこれからの省エネ~
 ■□ENEX2013 / Smart Energy Japan2013□■
  展示会・カンファレンス 事前登録受付中!

省エネルギー・新エネルギー分野の総合展示会“ENEX2013”、ならびに、エネルギーのスマート化に向けた技術を発信する“Smart Energy Japan2013”を開催する。
また、ナノテクノロジー技術の展示会“nano tech”、水ビジネスに関するソリューション展“inter Aqua”など、さまざまな展示会も同時開催される。

〔日 時〕2013年1月30日(水)~2月1日(金)
〔会 場〕東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1ホール
〔参加料〕無料(登録入場制)
〔内 容〕≪ENEX2013について≫
     ビル・オフィス、工場、家庭の省エネルギー・節電対策に関する展示や、最新技術に関する
     セミナー、表彰式などを併催した総合エネルギーフォーラム。
     今回の重点項目は下記の3点で、エネルギーと環境に関わる企業・団体が出展し、地球環境保全に
     貢献する最新の製品・技術・サービス・情報を発信する。
      1.固定価格買取制度のスタートにより注目される「再生可能エネルギー」
      2.エネルギー管理機器・システム「BEMS/FEMS/HEMS」の導入促進
      3.2013年夏に向けた電力需給対策-ピーク抑制と節電「新製品発表と情報発信」
     
詳細はこちら→http://www.low-cf.jp/