‘節電’ タグのついている投稿

2015年度夏季の省エネルギー対策を決定(経済産業省)

2015年5月27日 水曜日

 政府は5月22日、2015年度夏季の省エネルギー対策を決定した。

 先に公表された「2015年度夏季の電力需給対策」と一体的に取り組むとされた本対策は、国民参加型の節電・省エネルギーキャンペーンの継続・拡大強化、クールビズ実施徹底のほか、産業界等に対しては、無理のない範囲で省エネルギー・節電を行うよう要請している。

詳細はこちら⇒http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150522002/20150522002.html

「平成26年度 中小規模事業所の温暖化対策セミナー」を3月12日、13日に開催(東京都、クール・ネット東京)

2015年1月26日 月曜日

 東京都及びクール・ネット東京は、省エネ・節電に役立つヒントが得られる「温暖化対策セミナー」の開催を決定し、お申込みの受付を開始した。

 【日 時】:第1回 平成27年3月12日(木)14:00~17:00 

      第2回 平成27年3月13日(金)14:00~17:00   

【場 所】:科学技術館サイエンスホール(東京都千代田区北の丸公園2-1)「竹橋駅or九段下駅から徒歩7分」

【定 員】:各回400名(参加費無料、申込先着順)

詳細はコチラ⇒>http://www.tokyo-co2down.jp/report/warming/measure/

冬の節電・省エネキャンペーンを開始(経済産業省、スマートライフジャパン推進フォーラム)

2014年12月2日 火曜日

 政府は、12月1日から冬の節電期間が始まったことを受け、個人や企業を対象とする節電・省エネルギーキャンペーンを開始。家電メーカー・量販店などで構成する「スマートライフジャパン推進フォーラム」と連携し、節電・省エネ行動の「宣言」をすると抽選で省エネ家電が当たるキャンペーンを実施する。今冬の電力需給も原子力発電稼働停止を受け厳しい状況が続いている。詳細は以下URL参照。

 

今冬の節電・省エネキャンペーンへのご協力をお願いします~節電・省エネ行動を促進するための取組を紹介~

http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141201001/20141201001.html

 

スマートライフジャパン推進フォーラム節電・省エネキャンペーン

http://smart-life-japan.jp/cp/

 

電力需給検証小委員会の報告書

http://www.meti.go.jp/press/2014/10/20141023001/20141023001.html

「平成26年度中小事業者のための省エネ・省CO2セミナーⅡ」を11月27日に開催(大阪商工会議所)

2014年10月31日 金曜日

 大阪商工会議所は11月27日、「平成26年度中小事業者のための省エネ・省CO2セミナーⅡ」を開催する。
 本セミナーでは、省エネルギー・節電対策のポイントに関する専門家の講演の他、工場やビルでの「見える化」の活用など、実際の省エネや節電の工夫・取組とコスト削減効果について説明を予定している。

詳細はこちら⇒http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201410/D22141127026.html

「第7回省エネセミナー」を11月10日に開催(東京都地球温暖化防止活動推進センター、東京商工会議所)

2014年10月3日 金曜日

 東京都地球温暖化防止活動推進センターと東京商工会議所は11月10日、「第7回省エネセミナー」を開催する。
 本セミナーでは、2016年の電力自由化に備えて、中小規模事業者が知っておくべき情報を分かりやすく講義するとともに、電力小売り事業者選択の際に考慮すべきこと、電力小売事業者選択の前に電力使用状況を最適化するための方策等について、パネルディスカッションを実施する。

詳細はこちら⇒http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-58470.html

「中小企業節電対策経営セミナー」を10月3日、8日、15日に開催(公益財団法人東京都中小企業振興公社)

2014年9月19日 金曜日

 公益財団法人東京都中小企業振興公社は10月3日、8日および15日に、「中小企業節電対策経営セミナー」を開催する。
 本セミナーは、中小企業を対象とし、節電による経営改善を目的としている。企業向け節電支援の経験が豊富な講師を招き、助成金を活用した設備導入による節電の事例等を含め、具体的な節電方法について説明する。10月3日および8日は製造業が対象で、10月15日は商業・サービス業が対象。

詳細はこちら⇒http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1409/0001.html

電気料金値上げによる影響とエネルギー政策に関するアンケート調査結果公表(札幌商工会議所)

2014年3月13日 木曜日

 

札幌商工会議所 環境・エネルギー委員会では標記アンケート調査を実施し、会員企業 2,326社の経営者層から1,032件(回収率:44.4%)の回答を得て、この度調査結果(最終報告)を取りまとめた。

電気料金値上げに寄って影響があった事業所のうち。6割以上の企業で値上げ分を吸収しているという結果となった。

また、昨年9月と同程度の再値上げがあった場合、「事業継続が困難になる」など経営に影響するとの回答は約65%に上り、その対応については人件費、人員の削減で考えている事業所が多いことがわかった。

 

詳細はこちら

https://www.sapporo-cci.or.jp/content/details/img/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%96%99%E9%87%91%E5%80%A4%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E8%AA%BF%E6%9F%BB.pdf

セミナー「CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2014」「先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業設備補助事業について」開催(環境省)3月4日(火)於:東京国際フォーラム

2014年2月6日 木曜日

「カーボン・マーケットEXPO2014」におけるセミナーについて
 ◎
CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2014
 ◎ 先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業設備補助事業について

 環境省が平成26年3月4日(火)に開催する「カーボン・マーケットEXPO 2014」におけるセミナーのうち、「CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2014」及び「先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業設備補助事業(ASSET事業)について」の詳細が決定した。

〔日 時〕
  平成26年年3月4日(火)
   12:45~14:15「CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2014」
   16:15~16:45「先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業 設備補助事業(ASSET事業)について」
〔会 場〕東京国際フォーラム 展示ホール1
〔参加料〕無料
〔定 員〕各セミナー100名(先着順)
〔内 容〕
 ◆「CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2014」
  工場やビル等の事業所におけるCO2削減対策の中には、削減効果が高いにも関わらず見過ごしている対策も数多くある。本セミナーでは、CO2削減・節電ポテンシャル診断を通じてこうした対策を見つけ取り組むことの有効性や、診断を受ける際のポイントについて、診断を受けた事業者の感想や効果等も交えつつ紹介する。また、平成26年度事業についても紹介する。
 ◆「先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業設備補助事業(ASSET事業)について」
 ASSET事業は、先進的な設備導入と運用改善を促進するとともに、リバースオークションや排出枠の取引といった市場メカニズムの活用により、CO2排出量を大幅に削減することを目的として、平成24年度から開始している事業。 ASSET事業の仕組みについて、第1期(平成24年度補助事業)における具体的事例を含め、詳しく説明するとともに、平成26年度事業についても紹介する。

詳細はこちら→http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17624

「温室効果ガス排出削減による中小事業者等経営強化促進事業」(H25年度補正予算・環境省)

2014年1月10日 金曜日

 

 設備の老朽化が進む一方で設備の更新が十分に進められていない中小事業所を対象に、温室効果ガス排出抑制等指針に基づくCO2削減ポテンシャル診断・対策提案を行うとともに、提案に基づく設備更新や運用改善等の対策実施をワンストップで支援する事業が実施される。(具体的な応募方法等詳細は未定)

 

【事業目的】

・日本の貿易赤字に対する化石燃料輸入の影響は大きく、経済活性化のためにはエネルギーコスト低下のための対策が急務

・地球温暖化の観点からは、民間企業による減エネ・再エネの推進が必要不可欠

 

【事業概要】

1. 診断・対策提案(定額補助)

 主に中小事業所を対象に、温室効果ガス排出抑制等指針に基づく減エネ診断・対策提案を行う。

2. 運用改善・設備更新(補助率2/3)

 提案に基づく設備更新や運用改善等の対策を支援する。

詳細はこちら

http://www.env.go.jp/guide/budget/h25/h25-hos-gaiyo/011.pdf

 

「家庭エコ診断」制度説明会の開催について(環境省主催・参加費無料)

2013年12月17日 火曜日

 

「家庭エコ診断」は、自社のライフスタイル改善サービスの紹介や省エネ機器への買い替え提案などビジネス機会の創出を可能にし、家庭部門に対する省CO2・省エネ対策活動に積極的に取り組む企業姿勢を広くアピールできる環境省の事業。診断機関になるには「診断機関としての登録」と「診断士の養成」が必要。

 

制度説明会では、家庭エコ診断の概要と将来に向けた構想から参加メリットや成果について事例を交えて報告する。

 

申し込み期間:1216()9時~1225(水)17時まで

開催日・開催場所 時間/14001600 各会場共通

【福岡会場】2014121() TKPカンファレンスシティ博多

【仙台会場】2014124() TKP仙台カンファレンスセンター

【大阪会場】2014130() CIVI研修センター新大阪東

【岡山会場】2014131() 岡山国際交流センター

【東京会場】201426() 三田共用会議所

 

お申し込みはこちら

http://www.uchieco-shindan.go.jp/2013/seidosetsumei/

 

問い合わせ先

うちエコ診断総合事務局(一般社団法人 地球温暖化防止全国ネット)

101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3 第一アマイビル4F

E-mail : h25-kateieco@jccca.org

「平成25年冬季の節電期間」が12月2日よりスタート

2013年12月2日 月曜日

「平成25年度冬季の電力需給対策」で決定した「平成25年冬季の節電期間」が12月2日よりスタートした。地域によって、節電を要請する機関と目標値が異なっている。
需要は、直近の経済成長の伸び、企業や家庭における節電の定着などを織り込んだ上で、いずれの電力管内でも安定供給に最低限必要とされる予備率3%以上を確保できる見通しとなっている。しかし他方、大規模な発電所のトラブルが発生した場合、安定供給できない可能性が懸念されている。

<節電要請期間>
 平成25年12月2日(月)~平成26年3月31日(月)までの平日
   ※ただし平日のうち、12月30日(月)及び31日(火)並びに1月2日(木)及び3日(金)を除く。

詳しくはこちら→http://setsuden.go.jp/info/

中部の電気料金値上げ「公聴会」参加者、「国民の声」を募集中

2013年11月1日 金曜日

1029日に認可申請された中部電力()の電気料金値上げについて、政府は以下のとおり「公聴会」開催を予定、また「国民の声」を募集している。

中部電力()電気料金値上げ認可申請等に係る公聴会
日時:平成251226日(木)9:00~ (意見陳述人多数の場合12/27も開催)

場所:名古屋国際会議場1号館4階会議室141-142

意見陳述届出書の提出期限:平成251211日(水)

傍聴の申込期限:平成251211日(水)

詳細は、

http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131029003/20131029003.html

を参照。

中部電力()電気料金値上げ認可申請等に係る「国民の声」募集
意見募集期限:~平成251226日(木)

詳細は、

http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131029002/20131029002.html

を参照。

【関連記事】

●中部電力の電気料金値上げについて(経済産業省)

http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131029001/20131029001.html

●「エネルギー政策に関する意見-新たなエネルギー基本計画の策定に向けて-」について(日商・平成25年10月31日)

http://eco.jcci.or.jp/news/9685.html

「CO2削減/ライトダウンキャンペーン2013」実施結果(環境省)

2013年9月3日 火曜日

 

 環境省では、2003年から地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の照明を消していただくよう呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施してきた。11年目となる今年は、621日(金)から77日(日)までの間「ライトダウン2013」を実施するとともに、621日〔夏至の日〕と77日〔クールアース・デー〕の夜8時から10時までの2時間を特別実施日として一斉消灯を呼び掛けた結果、両日合わせて36,128箇所の施設が参加した。

 

「ライトダウン2013」の実施結果

日時

参加施設数

削減消費電力量
(
参加施設からの申告に
よる数量の集計値)

CO2排出削減量

「夏至ライトダウン」
6
21日(金)20:0022:00

17,771箇所

302,561.78kWh

154t- CO2

「七夕ライトダウン」
7
7日(日)20:0022:00

18,357箇所

329,451.50kWh

168t- CO2

621日(金)
7
7日(日)の合計

36,128箇所

632,013.28kWh

322t- CO2
(約23,000 世帯の一日当たりの
CO2
排出量に相当)

「なるほど!!ザ 省エネ・節電アイデア」募集(草津商工会議所)

2013年7月26日 金曜日

草津商工会議所 環境保全対策委員会では、昨冬に実施した省エネ・節電対策や、この夏に実施する(実施している)省エネ・節電対策を募集している。応募されたアイデアの中から、参考になる省エネ・節電対策が、同商工会議所の商工ニュースやホームページのエコアクションプランに掲載される。

【募集期間】
  平成25年7月10日(水) ~ 平成25年9月30日(月)まで
【応募方法】
  所定の応募用紙に氏名(会社名)、住所、電話番号、アイデア名、内容、取組み効果等を記入の上、
  郵送またはFAX、メールで、草津商工会議所環境保全対策委員会宛に送付。
  写真や図など分りやすい資料があれば、併せて送付のこと。
  ※応募の対象は、草津商工会議所会員事業所の方。
【選考方法】
 応募されたアイデアは、環境保全対策委員会にて厳正に選考される。
 優秀賞1点、優良賞3点に省エネグッズを、応募者には参加賞を進呈。
 
詳細はこちら→http://www.kstcci.or.jp/event/event14.html

「省エネ・節電説明会」開催(酒田商工会議所)7月18日(木)16時~(山形県酒田市)

2013年7月17日 水曜日

酒田商工会議所では、現場での豊富な指導実績を有する専門家を招き、事例紹介をおりまぜた、省エネ・節電ノウハウについての説明会を開催する。

[日 時]:平成25年7月18日(木)16:00~17:30
[場 所]:酒田産業会館4階白鳥
[講 師]:一般財団法人省エネルギーセンター
        エネルギー使用合理化専門員 栗田晃一氏
[定 員]:20名(先着)
[参加費]:無料

詳細はコチラ→http://www.sakata-cci.or.jp/info/h25.info/20130718semi-energy.power-saving.pdf