‘四国電力’ タグのついている投稿

東北、四国の電気料金値上げ「公聴会」参加者、「国民の声」を募集中

2013年4月12日 金曜日

2月に認可申請された東北電力(株)、四国電力(株)の電気料金値上げについて、政府は以下のとおり「公聴会」開催を予定、また「国民の声」を募集している。

○東北電力(株)電気料金値上げ認可申請等に係る公聴会
日時:平成25年5月9日(木)9:00~ (意見陳述人多数の場合5/10も開催)

場所:仙台合同庁舎8階 講堂

意見陳述届出書の提出期限:平成25年4月24日(水)

傍聴の申込期限:平成25年4月24日(水)

※詳細は、

http://www.meti.go.jp/press/2012/02/20130214002/20130214002.htmlを参照。

○四国電力(株)の電気料金値上げ認可申請等に係る公聴会
日時:平成25年5月14日(火)9:00~(意見陳述人多数の場合5/15も開催)

場所:かがわ国際会議場

意見陳述届出書の提出期限:平成25年4月30日(火)

傍聴の申込期限:平成25年4月30日(火)

※詳細は、

http://www.meti.go.jp/press/2012/02/20130220002/20130220002.htmlを参照。

○東北電力(株)電気料金値上げ認可申請等に係る「国民の声」募集
意見募集期限:~平成25年5月9日(木)

※詳細は、

http://www.meti.go.jp/press/2012/02/20130214003/20130214003.htmlを参照。

○四国電力(株)電気料金値上げ認可申請等に係る「国民の声」募集
意見募集期限:~平成25年5月14日(火)

※詳細は、

http://www.meti.go.jp/press/2012/02/20130220003/20130220003.htmlを参照。

東北電力は自由化分野で17.74%、規制分野で11.41%、四国電力はそれぞれ17.50%、10.94%の電気料金値上げを平成25年7月から実施したいとしている。申請内容を審査するため3月5日に開催された電気料金審査専門委員会には中小企業を代表して仙台商工会議所・渡辺副会頭、高松商工会議所・中副会頭が意見陳述し、政府に対し、値上げにより地域の経済活動が縮小することのないよう、十分な景気対策を求めている。また、低廉な価格で安定的な電力を供給するため、原子力発電の安全性強化を着実・迅速に早め、安全性が確保された原発を順次速やかに稼働すべきと主張している。両電力とも原価算定期間を3年間とし、保有する原子力発電所の一部の稼働を見込んでいるため、再稼働が見込めなければ再値上げの可能性もある。

【関連記事】
●電気料金値上げに意見

http://www.jcci.or.jp/news/jcci-news/2013/0313111751.html

●四国電力が電気料金値上げを発表

http://www.jcci.or.jp/news/jcci-news/2013/0304111742.html

●電気料金値上げ 中小企業に大打撃 各地から上昇抑制を要望
https://eco.jcci.or.jp/news/7151.html
●安全性を確保した原発の再稼働を
https://eco.jcci.or.jp/news/7158.html

電気料金値上げに意見(会議所ニュース3/11号)

2013年3月13日 水曜日

(会議所ニュース 平成24311日号掲載記事)

東北・四国 原発の再稼働を要望

  各地の電力会社で料金値上げが予定される中、日本商工会議所は全国の商工会議所とともに、値上げが中小企業に与えるダメージを訴え、電力会社の徹底的な経営努力や、安全性を確保した原子力発電所の順次速やかな再稼働を要望している。
 2月14日、20日には、東北電力、四国電力が相次いで規制部門の電気料金の値上げ認可を申請。これを受け、今月5日に経済産業省の電気料金審査専門委員会での審議がスタートした。
 同日の会合には、仙台商工会議所の渡辺静吉副会頭、高松商工会議所の中博史副会頭が出席し、それぞれ東北電力、四国電力の値上げに対する意見を述べた。
 渡辺副会頭は、「復興が正念場を迎える大切な時期に、電力料金の値上げが行われるのは好ましくない」という被災地に共通する思いを強調。電力会社に値上げ幅の圧縮に向けた惜しみない努力を求めるとともに、政府に対し、値上げにより地域の経済活動が縮小することのないよう、十分な景気対策を行うよう要望した。
 さらに、低廉な価格で安定的な電力を供給するため、原子力発電の安全性強化を着実・迅速に早め、安全性が確保された原発を順次速やかに稼働すべきと主張した。
 中副会頭は、当面のエネルギー政策における最優先課題は、「安価な電力の安定供給」と主張。電気料金の値上げは経営体力が弱い中小企業にとっては大きな負担であることを指摘する一方、「安定供給に必要な電力会社の経営体力維持も必要」として、値上げに一定の理解を示した。
 その上で、安全性の確保を前提に原発を早期に再稼働するよう要望。また、電力システム改革について、原発の再稼働が進まず需給のバランスも取れていない中での自由化により、地方の小口需要家を中心に割高な電気料金になる恐れがあるとして、慎重な対応を求めた。
 なお、東北電力、四国電力の料金値上げについては、5月に公聴会が開催されるほか、現在「国民の声」として広く意見を募っている。(了)

<参考資料>
  ▽「総合資源エネルギー調査会総合部会 電気料金審査専門委員会(第20回)」
                                                   (経済産業省HP)

  配布資料:http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/sougou/denkiryokin/020_haifu.html

<関連記事>
  ▽四国電力が電気料金値上げを発表(会議所ニュース3/1号)
     https://eco.jcci.or.jp/news/8075.html
  ▽活断層評価で議論呼ぶ原子力規制委と電力会社への注文(会議所ニュース3/1号)
     https://eco.jcci.or.jp/news/8055.html
  ▽電力自由化論の致命的な欠陥(会議所ニュース2/11号)
     https://eco.jcci.or.jp/news/7794.html
  ▽電気料金値上げ 中小企業に大打撃 各地から上昇抑制を要望(会議所ニュース12/11号)
     https://eco.jcci.or.jp/news/7151.html
  ▽安全性を確保した原発の再稼働を(会議所ニュース12/11号)
     https://eco.jcci.or.jp/news/7158.html

 

四国電力が電気料金値上げを発表(会議所ニュース3/1号)

2013年3月4日 月曜日

(会議所ニュース3/1号掲載記事)

四国電力が電気料金値上げを発表

工場やビルなど自由化部門で17.5%
原発稼働なければ再値上げも
 2月20日、四国電力が7月からの電気料金の値上げを申請し発表した。すでに値上げを実施した東京電力に続き、4月には関西電力と九州電力が、7月からは東北電力が値上げを予定しており、四国電力が5社目となる。家庭や商店などの小口利用者向けの「規制部門」平均で10・94%、工場やビルなど大口の産業向けの「自由化部門」平均で17・50%の値上げとなっている。

  今回申請された値上げ、伊方原発3号機の今年7月の再稼働を前提にしており、再稼働ができなければ再値上げもありうる。
これは他の電力会社も同様。経済産業省の電気料金審査専門委員会によると関西電力、九州電力において稼働を見込んでいる原発が全基稼働しない場合の収入不足額は、関西電力は3641億円から7091億円に増加、九州電力は1516億円から3700億円に増加するという。
昨年11月末の関西電力、九州電力の値上げ申請後、その内容を審査するために開催された同審査専門委員会には、大阪商工会議所の西村貞一副会頭、福岡商工会議所・山本駿一環境問題委員長が出席し、それぞれ関西電力、九州電力の値上げに対する意見を述べている。
 日本商工会議所では、その後も同審査専門委員会にオブザーバー出席を続けて情報収集に努めている。

料金の上昇抑制と安定供給確保が課題
 日本商工会議所では一貫して、電気料金の上昇抑制と安定供給確保、原子力発電の安全性強化を現下の最優先課題として主張している。また、今後の意見要望活動のため、電気料金値上げに関する個別の意見を募集している。

(参考)
▽電力自由化論の致命的な欠陥(会議所ニュース2/11号)
https://eco.jcci.or.jp/news/7794.html
▽安全性を確保した原発の再稼働を(会議所ニュース12/11号)
https://eco.jcci.or.jp/news/7158.html
▽電気料金値上げ 中小企業に大打撃 各地から上昇抑制を要望(会議所ニュース12/11号)
https://eco.jcci.or.jp/news/7151.html
▽「夢」と呼ばれる日本の「革新的エネルギー戦略」と欧州・米国の現実路線(会議所ニュース12/11号)
https://eco.jcci.or.jp/news/7145.html
▽「原発集中立地県からみたエネルギー・原子力政策」(会議所ニュース12/1号)
https://eco.jcci.or.jp/news/7043.html