‘国土交通省’ タグのついている投稿

生物多様性「グリーンウェイブ2014」の実施(環境省、農林水産省、国土交通省)

2014年2月13日 木曜日

 

 環境省、農林水産省、国土交通省では、生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、グリーンウェイブ活動への参加を呼びかけている。

 また、20119月に設立された国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)でも、リーフレットやポスターの作成、参加証の発行などにより、本活動への参加を呼びかけている。

※日本商工会議所は国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)の構成団体です。

 

 生物多様性条約事務局は、国連が定める国際生物多様性の日(522日)に、世界各地の子どもたちが学校や地域などで植樹等を行う「グリーンウェイブ」への参加を呼びかけている。世界各地において、522日の午前10時(現地時間)に植樹などを行うことにより、この活動が地球上の東から西へ波のように広がっていく様子を、「緑の波(グリーンウェイブ)」と表現している。

 

■実施期間

 平成26年3月1日(土)から6月15日(日)まで

 

■主唱

 環境省、農林水産省、国土交通省

 

■グリーンウェイブ活動

 森林や樹木等とのふれあいを通じ、生物多様性の理解や普及啓発につながるグループ・団体活動で、具体的には以下のとおり。

 ① 植樹

 ② 森林や樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、里山の管理等)

 ③ 森林や樹木等とふれあう活動(イベント等)の実施、参加

 ④ ①~③の活動のための苗木等の提供

 ⑤ ①~③の活動のための場所の提供

 ⑥ ①~③の活動のための技術指導や情報提供

 ⑦ グリーンウェイブ活動の呼びかけ、とりまとめ

 ⑧ その他

 

■参加方法  下記「グリーンウェイブ2014」のサイトをご参照。

 http://www.greenwave.go.jp/

 

■『国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」キックオフ・フォーラム』の開催

 228日(金)に港区立エコプラザにて、『国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」キックオフ・フォーラム』を開催する。

 http://www.greenwave-net.com/activities/forum2014/

 

 キックオフ・フォーラムでは、行政・大学・企業・NPO等による「グリーンウェイブ」の特色ある取組事例の紹介から、COP12に向けた新たな最前線の情勢を紹介する。

 さらには、新たに「国連生物多様性の10年日本委員会」との連携で制作されたポスター・参加登録証等の普及啓発資材や教材等も紹介する。

 

■ 開催概要

【日 時】2014年2月28日(金) 13:3018:00

【会 場】港区立エコプラザ(〒105-0013 港区浜松町1131

【交 通】JR「浜松町」駅より4分、都営地下鉄「大門」駅より3分

【参加費】無料

【対象者】生物多様性保全、森づくり、環境教育等にご関心のある方 150

【主 催】「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会

     (公社)国土緑化推進機構、美しい森林づくり全国推進会議

【共 催】 港区、経団連自然保護協議会

【申 込】 下記サイトの「申込フォーマット」より申込。

      「生物多様性と子どもの森」キャンペーンサイト

      http://www.greenwave-net.com/

【締 切】 平成26年2月20日(木) ※定員になり次第締め切り

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2013」の実施結果のお知らせ(環境省、農林水産省、国土交通省)

2013年8月7日 水曜日

環境省、農林水産省及び国土交通省は、平成25年3月1日より6月15日までの期間、「グリーンウェイブ2013」への参加と協力を広く国内に呼び掛け、その結果、567団体の参加、140団体の協力のもと、約18,000人の参加者の手により、約41,000本の植樹など様々なグリーンウェイブ活動が行われた。
生物多様性条約事務局は、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、世界各地の青少年、子どもたちの手でそれぞれの学校や地域などで植樹等を行うことを「グリーンウェイブ」活動として呼びかけている。世界各地において、現地時間の5月22日の午前10時に植樹などを行うことにより、この行動が地球上の東から西へ波のように広がっていく様子を、「緑の波(グリーンウェイブ)」と表現している。また、国連は2011年から2020年までの10年間を「国連生物多様性の10年」と定めている。

詳しくはこちら→http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16988

DVD「エコドライブ10のすすめ」の製作及び貸出しについて(環境省)

2013年6月10日 月曜日

エコドライブ普及連絡会(警察庁、経済産業省、国土交通省及び環境省)において、平成24年10月、新たに策定した『エコドライブ10のすすめ』をもとに、エコドライブの普及・推進に努めるため、今般、環境省では、この新たな『エコドライブ10のすすめ』の内容を分かりやすく説明したDVDを作成した。
 本DVDの内容については、後日、「地球温暖化防止国民運動」のホームページにて公開予定。また、希望する団体に対して貸出しを行っている。

詳細はこちら→ http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16742

電気自動車による地域交通グリーン化事業(国土交通省)

2013年2月15日 金曜日

 国土交通省では、環境性能に特に優れた電気自動車の普及を図るため、他の地域や事業者による電気自動車の集中的導入を誘発・促進するような地域・事業者間連携等による先駆的な取り組みを行う自動車運送事業者等に対して、バス、タクシー及びトラックの電気自動車の導入を重点的に支援するため、「電気自動車による地域交通グリーン化事業」(平成24年度補正予算額1,540百万円)を実施する。この度、本事業の公募が開始された。
 ※この公募は、平成24年度補正予算案によるものであり、国会での補正予算案の成立が事業実施の条件となる。

◆公募期間
平成25年1月28日(月)~2月22日(金) ※事業計画書必着

◆支援対象
3大都市圏、観光地、環境未来都市などの地域において、他の地域や事業による電気自動車の導入を誘発し普及が伝播するような先駆的事業(バス事業、タクシー事業又はトラック事業に限る。)
(例:事業者連携による電気自動車の集中的投入、地域連携や異業種連携による総合的事業の実施など)

◆支援内容
電気バス、これに付随する充電設備・・・導入費用の1/2
電気タクシー・トラック、これに付随する充電設備・・・導入費用の1/3
  ※事業用自動車に限る。
  ※プラグインハイブリッド車を含む。

◆補助対象事業の決定
応募案件について、その事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定。
詳しくはこちら⇒http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000087.html