‘説明会’ タグのついている投稿

2月1日に「2018年第11回国際水協会(IWA)世界会議・展示会 スポンサー及び展示会出展等に関する説明会」を開催(IWA日本国内委員会)

2017年1月24日 火曜日

IWA日本国内委員会は2月1日、「2018年第11回国際水協会(IWA)世界会議・展示会 スポンサー及び展示会出展等に関する説明会」を開催する。

本説明会は、2018年9月に開催を予定している第11回国際水協会世界会議・展示会に先立ち、同会議・展示会への出展、協賛(スポンサー)、論文応募、参加等について説明し依頼を行うもの。

国際水協会世界会議・展示会は、100を超える国々から5000人以上の参加者、200社以上の出展企業が参加する水に関する世界最大級のイベントであり、世界各国で隔年開催される。

詳細はこちら⇒http://www.iwa-jnc.jp/img/file2.pdf

1月17日に「環境・水分野における海外企業技術ニーズ説明会・交流会」を開催(大阪商工会議所)

2016年12月26日 月曜日

大阪商工会議所は1月17日、環境・水分野における海外企業技術ニーズ説明会・交流会を開催する。

本説明会・交流会では、第一部で「オープンイノベーションフォーラム」を開催し、世界最大手の水メジャーのひとつであるヴェオリア社(VEOLIA ENVIRONMENT)が抱える技術課題について発表し、参加企業から提案を募集する。第二部では、環境・水分野の海外企業が日本企業に期待する技術について説明する。さらに第三部では、第一部、二部の参加企業を含めた海外企業と当日参加者との交流の場を設ける。

詳細はこちら⇒https://www.jetro.go.jp/events/osa/e1f47f292f4921d3.html

11月~1月に事業者向け「容器包装リサイクル制度説明会・個別相談会」を開催

2016年10月14日 金曜日

日本商工会議所、各地商工会議所、日本容器包装リサイクル協会は11月~1月、事業者向け「容器包装リサイクル制度説明会・個別相談会」を全国19都市で開催する。

本説明会は、容器包装に関わる事業者に、容器包装リサイクル制度の基礎知識と、リサイクル義務を果たすための事務手続等について、体系立てて、分かりやすく説明するもので、初めてのご担当者、制度等について理解を深めたい方に向けた説明会となっている。また、各会場とも説明会終了後には、個別相談会も予定している。

※開催地(19都市):札幌、仙台、秋田、富山、前橋、さいたま、東京、横浜、甲府、浜松、名古屋、福井、大阪、神戸、広島、徳島、福岡、鹿児島、那覇

詳細はこちら⇒http://www.jcpra.or.jp/specified/application/information/tabid/650/index.php

「平成28年度PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会」を開催(経済産業省)

2016年9月8日 木曜日

経済産業省は「平成28年度PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会」を開催する。

本説明会では、法令改正の内容(「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理の促進に関する特別措置法(PCB特措法)」の改正法が本年8月1日に施行)や、事業者に求められる対応等を紹介する予定で、全国14か所(札幌、盛岡、仙台、富山、東京、さいたま、名古屋、大阪、広島、高松、高知、熊本、鹿児島、那覇)で開催する。

PCBは、人の健康および生活環境に係る被害を生ずる怖れがある物質であることから、PCB特措法に基づき、PCB廃棄物の確実かつ適正な処理を推進することとされている。

詳細はこちら⇒http://www.pcb-setsumeikai.com/

6月~7月に「改正FIT法に関する地方説明会」を開催(資源エネルギー庁)

2016年6月13日 月曜日

資源エネルギー庁は6月~7月に、「改正FIT法に関する地方説明会」を全国10か所(札幌、仙台、さいたま、名古屋、富山、大阪、広島、高松、福岡、那覇)で開催する。

先月、国会にて「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(通称:FIT法)等の一部を改正する法律」が成立したことを受け、平成29年4月1日より固定価格買取制度が変更される。本説明会では、資源エネルギー庁の担当官等から改正FIT法の概要等について説明を予定している。

詳細はこちら⇒http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/kaisei_meeting.html

「埼玉県中小企業ESCO(エスコ)事業事例説明会」を5月30日に開催(埼玉県)

2016年4月22日 金曜日

埼玉県は5月30日、「埼玉県中小企業ESCO(エスコ)事業事例説明会」を開催する。

本説明会は、埼玉県内の中小企業・中小規模事業所の省エネ・省CO2対策を支援することを目的として開催し、当日は、病院や特別養護老人ホーム、工場、ビル等のESCO導入事例について説明する。

ESCO事業とは、エネルギー専門家(ESCO事業者)が、省エネ診断から省エネ改修の提案、改修工事、効果検証、効果の保証までを一括して提供する事業を指す。ESCO事業では初期投資費用を抑えることが可能であり、事業所全体の省エネ対策を長期間にわたり実施することができる。

詳細はこちら⇒http://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/documents/h28esco_jirei.pdf

2月に「平成28年度戦略的省エネルギー技術革新プログラム公募説明会」を7カ所で開催(新エネルギ-・産業技術総合開発機構)

2016年2月1日 月曜日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月、7カ所(仙台、富山、川崎、名古屋、大阪、高松、福岡)で「平成28年度戦略的省エネルギー技術革新プログラム公募説明会」を開催する。本説明会では、応募する際の提案書類の記載方法や注意事項などを説明する。説明会終了後には、希望者に対して個別の説明や相談に応じる。
「平成28年度戦略的省エネルギー技術革新プログラム」は、わが国における省エネルギー型経済社会の構築および産業競争力の強化に寄与することを目的とする事業。現行の「省エネルギー技術戦略」で掲げる「重要技術」および「特定技術開発課題」を中心に、高い省エネルギー効果が見込まれる技術開発を対象として助成するもの。
なお、同プログラムの平成28年度1回公募は2月中旬より開始予定。
詳細はこちら⇒http://www.nedo.go.jp/koubo/DA1_100105.html

「PCBの適正な処理促進に関する説明会」を開催(経済産業省)

2016年1月27日 水曜日

経済産業省は2月~3月に、6か所(東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡)で「PCBの適正な処理促進に関する説明会」を開催する。

PCBは、人の健康および生活環境に被害をもたらす恐れがあるため、「PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)」に基づき、確実かつ適正な処理が義務づけられている。本説明会は、PCBの適正な処理促進に向けた国の施策に関する最新の情報を紹介するもの。

PCBとは、ポリ塩化ビフェニルの略称であり、変圧器やコンデンサ・安定器などの電気機器用絶縁油や感圧紙、塗料、印刷インキの溶剤等に幅広く利用されていた物質。体内にたやすく取り込まれるうえ残留性も高く、皮膚障害等を引き起こす。

詳細はこちら⇒http://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/kankyokeiei/pcb/index.html

「容器包装リサイクル制度説明会・個別相談会」を全国19都市で開催(日本容器包装リサイクル協会、各地商工会議所、日本商工会議所)

2015年10月20日 火曜日

日本容器包装リサイクル協会は、各地商工会議所、日本商工会議所と共催で、平成27年11月~平成28年1月に、「容器包装リサイクル制度説明会・個別相談会」を全国19都市で開催する。

本説明会・個別相談会では、容器包装リサイクル制度の基礎知識と、リサイクル義務を果たすための事務手続等について説明するとともに、説明会終了後、希望者を対象に個別相談会を開催する。

容器・包装を利用する事業者等には、「容器包装リサイクル法」により、容器・包装を再商品化(=リサイクル)する義務が課せられている。義務を怠ると国からの指導や法的措置がとられることもある。

詳細はこちら⇒http://www.jcpra.or.jp/specified/application/information/tabid/650/index.php

「フロン排出抑制法」説明会を開催(経済産業省)

2015年9月2日 水曜日

経済産業省は、「フロン排出抑制法(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律)」に関する説明会を開催する。

本説明会は、①「充塡回収業者」を対象にしたもの、および②「業務用冷凍空調機器を使用する事業者(管理者)」を対象にしたものの2種類を開催する。当日は、フロン排出抑制法の概要や、各事業者の役割・責務等について説明を予定している。

本年4月1日に「フロン排出抑制法」が施行され、規制対象が広がった。フロン類を充填・回収する事業者に対して、処理の行程管理・証明書への記載、また、フロン類使用製品を設置する事業者等に対して、機器の点検・フロン類漏えい量の国への報告等の義務が新たに適用される。

詳細はこちら⇒http://www.jreco.or.jp/guidance.html

「環境・水ビジネス分野の海外展開支援施策説明会」開催(大阪商工会議所)3月20日(木)13時半~(大阪府大阪市)

2014年3月4日 火曜日

近年、アジア新興国等の国々が、廃棄物・リサイクル、省エネ・省CO2や産業排水など、様々な環境課題に直面する中、幅広い分野で優れた技術を持つ多くの関西企業が最先端の技術を駆使した製品・サービスを各国・地域の課題・ニーズに応じて提供し、海外ビジネスの拡大を目指している。

現在、こうした企業を支援するため、公的機関等が様々な支援策を提供しており、これらの施策を上手に活用することが、海外展開を成功させるためのポイントになる。

 

 本説明会では、7つの公的機関・金融機関の担当者が、環境・省エネ分野で活用できる各種海外展開支援策・融資制度等の最新情報を説明する。

 

開催日時:2014320日(木)

開催時間 :13:30~17:00

場所:大阪商工会議所4階 402号会議室

x 地図情報はこちらhttp://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html

 

主催:大阪商工会議所、関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai

参加費:無料

 

開催内容

<公的機関・金融機関による海外展開支援施策等のご紹介>

 1.独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  

 2.日本貿易振興機構(JETRO)

 3.独立行政法人国際協力機構(JICA)

      <休 憩(15分間)>

 4.独立行政法人中小企業基盤整備機構

 5.公益財団法人地球環境センター(GEC

 6.株式会社商工組合中央金庫

 7.株式会社日本政策金融公庫  

 

詳細はこちらhttp://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201402/D22140320022.html